2016年8月 7日 (日)

Master of BLoC 2016 リザルト

Master of BLoC 2016、今年もものすごい盛り上がりを見せました!

取り急ぎリザルトの発表をします。
以下の協賛企業様、ありがとうございました!(敬称略)
UP ATHLETE
MOUNTAIN EQUIPMENT
Clife
eyecandy
thoufun
東京粉末

そして選手の皆様、観客の皆様、本当にお疲れ様でした。
今年のBLoC、そして来年のMaster of BLoCもよろしくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 5日 (金)

Master of BLoC2016 当日スケジュール&競技順

いよいよ今週末に迫ったMaster of BLoC。

スケジュールと競技順を発表しますのでご確認ください。
Mob2016_0805_v01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 2日 (火)

Master of BLoC 2016 カテゴリーA選手紹介 (8/2 現在)

さぁ選手紹介もいよいよ最後です。

カテゴリーAはBJC男子のトップ層が集うクラス。
そして、なんとサプライズで豪華招待選手も3名います!!

【カテゴリーA選手紹介】
・白石裕也 選手
・BJC:51位
Photo
1人目は群馬ウォールストリートより白石選手。
BLoCにも多数回出ている選手で、昨年のMaster of BLoCにもカテゴリーCで出場しています、
今期は初戦のロッククラフト戦ではレギュラー男子で見事優勝!
そしてBJCの順位からカテゴリーAでの出場に滑り込みました。
保持力・フィジカルがとにかく強い選手で、時に大番狂わせを起こします。
クールな登りも特徴的です。
カテゴリーAでも十分に通用する力を持っているはずなので、波乱を起こして欲しいですね!

・沼尻拓磨 選手
・BJC:49位
Photo_2
そしてここで、ライノ・フィッシュの、いやクライミング界の異端児の登場。
ぬまたくこと沼尻選手!
ランジの天才として知られ、クライミングウォールを忍者のように駆け回ります。
その独特の動きは唯一無二。
得意技は彼自身が編み出した逆サイファー。
しかし、そんな沼尻選手ですが、昨年のMaster of BLoCのカテゴリーAの覇者なのです!!
世界の杉本やワールドカップ年間チャンピオンのチョンを抑え、決勝第2課題でキリストジャンプを2回目で決めての優勝は観客の度肝を抜きました。
ディフェンディングチャンピオンとして二連覇に期待!

・馬上拓海 選手
・BJC:41位
Photo_3
山形のFLATクライミングジムから殴り込みに来るのは馬上選手!
お調子者の性格で、皆からたーちの愛称で親しまれています。
今年のBJCで躍進し、Master of BLoCの出場権を獲得しました。
一見クライマーとは思えないようなパワフルな肉体から、バネを活かした躍動感ある登りを見せます。
ゴリラかサルに近いその動きは天性のものでしょう。
得意系の課題にハマれば上位陣を食う可能性はあるでしょう。
非常に盛り上げてくれそうな選手なので楽しみですね!

・櫻井優治 選手
・BJC:39位
Saku
兵庫のスハラクライミングジムからの刺客は櫻井選手。
各地の岩場で成果をあげているクライマーです。
四段クラスをバシバシ登っていることからも、その保持力は相当のものなはず。
最近はコンペでも高い順位に食い込んでくることも多く、BJCで上位に入り込みMaster of BLoCへの切符をget。
国体の兵庫代表選手でもあります。
BLoC自体への参戦は過去1戦のみで、その実力はまだベールに包まれています。
今大会の大穴となり得るか。
注目しましょう!

・松浦凌 選手
・BJC:37位
Photo_4
松浦選手は北海道出身で現在はT-Wallにて勤務するクライマー。
特徴的なメガネがトレードマーク。
北海道時代は杉本怜選手の相方として国体でも大活躍しました。
ボルダーも強いですが、リードをとても得意とする選手。
今年のリードジャパンカップでは、強豪ひしめく中10位と好成績を収めています。
松浦選手もダークホース的な存在としてMaster of BLoCで何かを起こしてくれる予感です!

・佐藤竜馬 選手
・BJC:36位
Photo_5
続いてはBLoCの顔とも言って良いクライマーです。
レペゼンBase Campの佐藤竜馬選手!
BLoCには初年度の2009年から出場してくれていて、毎年のように盛り上げてくれます。
出れば必ず決勝に進出する安定した実力の持ち主で、今年も4戦出場して全て決勝に駒を進めています。
BJCで高順位に位置付け、念願のカテゴリーAへの出場を決めました。
クライミングセンス溢れる流れるような動きで、弱点無くオールラウンドにこなします。
ツワモノが揃うカテゴリーAで持ち前の爆発力を発揮してもらいたい!

・白數裕大 選手
・BJC:31位
Photo_6
Base Campから2人続けて登場!
真面目な見た目ですが実はおふざけ系の白數選手。
近年また一段階強さのギアを上げ、Master of BLoCのカテゴリーAに出場。
今期のBLoCでもおそらく最も出場者のレベルが高かったであろうクエール戦で優勝!
決勝第1課題でその優れた洞察力でホールディングに気づき、唯一人の完登をオンサイト
で決めた姿は流石の一言。
岩場でも高難度を登る力がありますが、最近はノーマットスタイルにこだわりまた新たな境地にチャレンジしています。
初挑戦のMaster of BLoCですが持ち前の安定感を発揮すれば決勝進出してくるでしょう。
佐藤選手との同ジム対決も見物!

・佐々木政明 選手
・BJC:31位


Photo_7
下北沢グラビティからは、まちゃあきこと佐々木選手!
明るいノリで場を沸かせてくれるクライマーです。
BLoCにも2戦出場し、3位と準優勝と大活躍し、BJCの順位からカテゴリーAにクラスを上げて参戦。
その特徴は非常にゆったりと伸び伸びと登って行くクライミングスタイル。
他の選手が飛びついたりダイナミックに行くところを、スタティックに近い形で止めてきます。
ツボにハマると恐ろしい選手で、コンペ中に佐々木選手にしか登れない課題というものもよく見かけます。
タイプが上手く合えばかなりの順位も期待できるのではないでしょうか!

・中村颯人 選手
・BJC:27位
Photo
中村選手はカテゴリーAでは最年少の15歳。
2000年代のクライマーの中で唯一カテゴリーAの舞台の出場権を獲得。
若いですが世界ユース、アジア選手権、そしてワールドカップにも出場したことがある経験豊富な選手。
その特徴は恵まれた体格とリーチを活かした、とても高校生とは思えないパワフルな登り。
昨年はMaster of BLoCのカテゴリーCでも決勝進出した経験があります。
自分の良さを出すクライミングで成長を見せてほしい!

・若尾龍隆 選手
・BJC:25位
Waka

そしてBLoCと言えばこのクライマーだ!
若様こと若尾選手。
圧倒的な保持力、フィジカル、爆発力は一度見たら忘れないでしょう。
見る者を惹きつけることができる数少ないスター性のあるクライマーですね。
BLoCで一時代を築き、レギュラー男子での優勝回数は波田選手に次ぐ4回。
BJCでも2度セミファイナルに進出するなど大舞台での実績も十分。
そして昨年のMaster of BLoCでも世界的なクライマーに交ざって決勝進出を決め、その類稀なる才能を見せつけました。
時折ブランク期間のあるクライマーなので、現在の調子がどの程度か不明ですが、調子を合わせてくれば再び決勝にコマを進める実力はもちろんあるでしょう。
その登りを目に焼き付けろ!

・尾﨑晃一 選手
・BJC:23位
Photo_2
もはやライノ・フィッシュ勢には説明不要のこの選手。
尾崎晃一 a.k.a ジャンボ!
ライノ・フィッシュの陰の代表取締役です。
BJCには第一回から全戦出場している数少ない選手で、決勝進出もしたことがあるなど大舞台の経験は豊富。
ムーブの幅が広いというだけでなく、コンペの戦い方や状況判断の仕方なども含めた大きな意味でクライミングを本当にわかっている選手。
しかしそんなジャンボ実はMaster of BLoCでは過去2回決勝進出を逃しています。
最近はライノでほぼ毎日誰よりも登り込み、コンペでも好成績をバンバン収めているため調子は全盛期に迫るか超えているか!?
決勝で輝く姿が楽しみですね!

・波田悠貴 選手
・BJC:12位
Photo_3
そしてここで登場するのはBLoCに最も貢献してくれた選手かもしれません。
初年度から出続け、そして2014年を最後にBLoCを卒業した波田選手。
レギュラー男子通算優勝回数6回は未だ破られていない金字塔。
今やリードでもボルダーでもワールドカップで活躍するほどのクライマーになりました。
全てのムーブが洗練され、無駄のないそのクライミングスタイルは必見。
決して体格やフィジカルが恵まれているわけではない波田選手の登りを見ると、クライミングが決してパワーや保持だけでは語ることができない複雑で奥深いスポーツだと再認識できます。
また無尽蔵のスタミナを武器にベルトコンベアの最終課題でも必ず登り切ってくる怖さも持っています。
しかし昨年のMaster of BLoCでは惜しくも予選落ち。
今年は必ずやリベンジして、優勝を狙いに来ているでしょう!

・村井隆一 選手
Photo_4
ここからはサプライズゲストの3名です!
1人目はりゅーさんこと村井隆一選手!
村井選手の2016年上半期の岩場での成果は、クライミング史に残るのではないでしょうか。
ハイドランジア、バベル、など塩原のルーフを次々に陥落し、鳳来でもヴァニタスの第二登!
パッと見ゆるーい雰囲気を持つ村井選手ですが、四段・五段クラスをさくっと登ってしまうそのギャップが最高です。
インドアの登りも近年磨きがかかってきており、ロッキーを中心とした草コンペでは出れば優勝というくらいに並外れた強さを発揮しています。
その武器は何と言っても、世界一との呼び声も高いヒールフック。
Fishで開催されるコンペにはおそらく初出場か。
異次元の登りを楽しみにしましょう!

・笠原大輔 選手
Dk
2人目はなんとこの男がセッターではなく選手として登場。
DKこと笠原大輔選手!
昨年のMaster of BLoCのセッターの1人です。
その非凡なセット能力から近年の大舞台のセッターとして引っ張りだこのDKさん。
今年のBJCもワールドカップでもセットチームに入り独創的なセットを見せてくれました。
しかし選手としてももちろんトップクラスであり、リードではジャパンカップで優勝、ワールドカップでセミファイナルの経験も持ちます。
主に掻き込みや乗り込み系の足の使い方の感覚の研ぎ澄まされ方が他のクライマーと一線を画しており、笠原選手にしかできないムーブというものが時折登場します。
岩場にもめっぽう強いクライマーであり指の強さもピカイチ。
ボルダーコンペで笠原選手の姿を見ること自体、最近ではなかなか無い機会です。
DKワールドを炸裂させてくれ!

・安間佐千 選手
Photo_5
最後のゲストは、サプライズ中のサプライズ。
私自身が一番驚いております。
日本が生んだ偉大なクライマーの1人。
平山ユージさん以来のワールドカップリード種目年間優勝、Fight or Flight(5.15b)等の岩場での高難度ルートの完登、ボルダリングでも2014年にBJCで優勝、などなどその功績は枚挙にいとまがありません。
もはや私がここで何かを説明すること自体蛇足ですね。
わかる範囲ではボルダーコンペはThe North Face Cup以外に近年出場していないのではないでしょうか。
クライミングの境地に達した男の全ての動きに刮目せよ!

以上です!
好き勝手に書かせていただいて失礼しました。
ありがとうございました。
当日の選手のみなさんが良いパフォーマンスを怪我なく発揮してくれることを願いましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Master of BLoC 2016 カテゴリーB選手紹介 (8/2 現在)

さて、いよいよ選手紹介も折り返し。

今回はBLoCレギュラー女子とBJC女子の上位者が出場する華のカテゴリーBです!
【カテゴリーB選手紹介】

・加島智子 選手
・BJC:2位

追加で参加表明をしてくれたのは、今や日本のトップクライマーにまで完全に登りつめたこの選手!
カジ丸こと加島智子選手。
なぜか写真ではなく動画を送ってくれたのでそのまま貼り付けます!笑
3●歳とは全く思えないような成長ぶりで、今年のBJCではなんとあの野中生萌選手などの名だたるクライマーを抑えて準優勝。
ワールドカップでも活躍してくれました。
保持力とフィジカルが女子クライマーの基準から完全にぶっ飛んでいる上に、素早くバネのあるムーブが持ち味。
昨年のMaster of BLoCでは韓国のトップクライマーであるサ・ソルを破り堂々の優勝。
最近のキレっぷりをみると二連覇に死角なし!
カテゴリーB、めちゃくちゃに盛り上がってきましたね。


・佐川日菜 選手
・年間ランキング:17位
・ホームジム:PUMP
Photo
1人目は佐川選手。
女子は低年齢の選手が非常に多く、2003年~2001年あたりの中学生選手の層が厚いです。
佐川選手はその中でも最年少の2003年生まれの中学校1年生。
しかし実はクライミング歴はそれなりに長く、3年前のBLoCにも出場してくれています。
今期は決勝進出はないですが、4戦BLoCに参戦。
柔らかいフォームで落ち着いた表情をしながら黙々と登って行く印象です!
ちなみに豆情報としてはお母さんと顔がそっくり。
上位のBLoC決勝常連やBJC上位の猛者にどこまで食らいつけるかが注目ですね。

・谷汐唯 選手
・年間ランキング:15位
・ホームジム:ロックビーンズ
Photo_2
谷選手もとても若い選手。
正確な情報が少し不明ですが、おそらく中学2年生か。
クライミング歴は浅いながらすごいスピードでクライミングにのめり込み、コンペにも数多く出場しています。
BLoCにはなんとフル出場の5戦全戦参加。
エナジー戦では決勝に進出、他のラウンドでも決勝ライン下近くに位置するなど着実に力を伸ばしています。
細く長い手足を上手く使った登りが特徴的。
今大会のダークホースになることができるか!

・青柳未愛 選手
・年間ランキング:12位
Photo_3
青柳選手も2003年生まれの中学1年生で最年少。
今年のボルダリングユース選手権では4位に位置付けるなど、同世代でもトップクラスのクライマーです。
またこの青柳選手、昨年Master of BLoCに小学生ながら出場しています。
今期のBLoCは2戦出場ながら内1戦で決勝に進出。
実力を大きく伸ばして、Master of BLoCへの舞台に帰ってきました。
決勝進出できる実力はあるでしょう。
昨年の雪辱を果たして欲しいですね!

・番場香月 選手
・年間ランキング:10位
・BJC:31位
・ホームジム:ミストラル / インフィニティ / 松戸馬橋高校
Photo_4
番場選手はもはやBLoCのレギュラー女子ではお馴染みの選手。
高校3年生と若いですが、この低年齢層に囲まれると実は年齢が高い半分に入ってしまうと言うのが恐ろしいところ。
今期は2度の決勝進出を果たし、BLoC決勝の常連組になってきました。
ほとんど表情を変えずに冷静沈着な登りをみせます。
そして昨年のMaster of BLoCでは並み居るワールドカップクライマーを抑えてなんと決勝進出しています!
今年はより高い順位を目指しているでしょう。
透明感のあるルックスからライノ・フィッシュにファンも多く、当日の応援が楽しみですね!

・松藤藍夢 選手
・年間ランキング:7位 
・BJC:37位
・ホームジム:ピナクル / ドッグウッド
Photo_5
さて、2003年代の中学1年生の選手が続きます。
その中でも大きなポテンシャルを秘めているのが松藤選手。
今期のBLoCは2戦出場ながら、3位と4位と抜群の安定感。
Fish戦の決勝の登りを見ましたが、保持力がとにかくケタ違い。
決勝1課題目のゴールの悪いSNTピンチでのキャンパマッチ、3課題目の強傾斜でのテクニックカチへの飛びつきなど、端々で驚きのムーブを見せてくれました。
また岩場では三段を登るなど、インドアも外も死角なし。
今回の台風の目になる予感です!

・菅原亜弥 選手
・年間ランキング:5位 
・BJC:37位
・ホームジム:ポケット
Photo_6
菅原選手は2002年生まれの中学2年生。
今期はBLoCに4戦出場し後半2戦で、準優勝、5位と尻上がりに調子を上げている選手。
長身を活かした負けん気があふれる登りが印象的。
Fishに遊びに来たときは「ホームジムにあまり難しいスラブ課題が無いから」とFishのスラブの高難度課題を時間の限りトライしまくるなど、向上心も高いです。
この後紹介で出てきますが、同世代にはものすごいスター選手が勢ぞろい。
そこから頭一つ抜け出し、決勝や表彰台に食い込めるか。
頑張ってほしいですね。

・栗田湖有 選手
・年間ランキング:3位 
・BJC:33位
・ホームジム:リトルフォレスト
Photo_7
栗田選手も2002年生まれの中学2年生。
昨年のMaster of BLoCにも出場した強豪選手。
ほんわかとした見た目が特徴。
毎年多くの選手をイチオシすることで有名なスタッフのくにくにですが、今年は栗田選手オシの一択だそうです!
今期は4戦に出場し優勝こそ無いものの、3位、7位、3位、準優勝と昨年から一段とレベルアップした強さを見せつけました。
手足がとても長く大人顔負けの登りが出来る選手。
柔軟性も相当ありテクニカルなムーブが得意です。
BLoCシーズン戦と同じ安定感が出せれば、決勝進出は固いのではないでしょうか!

・望月香菜子 選手
・年間ランキング:2位 
・ホームジム:フラッシュ



Photo_9



さぁお次は知る人ぞ知る超強豪。
もっちーこと望月選手は22歳と普通に考えれば若いのですが、このMaster of BLoCではベテランの域に入る選手。
今期はBLoCに3戦参加で準優勝、3位、優勝と全戦において表彰台に乗るという無敵の強さ。
最終のFish戦の決勝では彼女の中で何かが覚醒したのか、おそらくレギュラー男子の課題になってもなんら不思議ではない難易度の課題3つを全てオンサイト。
その特徴は男子顔負けの保持とフィジカルに溢れる登り。
ポテンシャルだけで言えばBJCの準決勝どころか、更に上の順位も狙える選手だと思います。
昨年のMaster of BLoCでは惜しくも決勝ライン下に沈みました。
今年はおそらくフィーバーしてその名を全国区に轟かせるでしょう!

・曽我綾乃 選手
・年間ランキング:1位
・BJC:18位 
・ホームジム:PUMP
Photo_10
ここからはBJCでも準決勝に進出している、まさに日本トップクラスの選手の登場です。
まずは曽我選手!
2001年生まれの中学3年生です。
今期のBLoCでも優勝2回を決めて堂々の年間ランキング1位。
昨年から大幅に実力を伸ばした選手ではないでしょうか。
弱点克服にと、ボルダリングユース選手権の前にライノに通いつめ、自分の苦手なダイナミックムーブや正対の力強い登りを練習。
その成果が出たのか、見事ユースBで準優勝。
昨年のMaster of BLoCとは違って一皮剥けたところを見せつけてほしい!
ちなみにライノ・フィッシュに来るときは毎回のようにとてもオイシイお菓子を差し入れてくれる、めちゃくちゃに良い子。




・菊地咲希 選手
・年間ランキング:4位
・BJC:13位 
・ホームジム:PUMP
Photo_11
菊地選手も今年のBJCで大爆発した選手。
2002年生まれで当時は中学1年生ながら、堂々の13位。
若手選手の中でも特に敏捷性に優れるクライマーであり、BJC準決勝の第1課題のスタートの変則的な地ジャンや、第2課題のボテへの飛び乗りを軽々とこなしていたのが印象的です。
今期はBLoCでも3戦に出場し、全て決勝に進出し、アングラ戦では優勝を決めています。
ボルダリングのユース選手権ではユースBで伊藤ふたば選手や曽我綾乃選手という強力選手をおさえ見事優勝。
Master of BLoCでは実力通りに行けば決勝には進出してくるでしょう。
あとはどこまで最トップ層を脅かせるかに期待ですね!

・渡邊沙亜里 選手
・BJC:5位 
・ホームジム:ジップロック
Photo_12
ここで豪華選手の登場!
九州から遥々の参戦は、渡邊沙亜里選手。
ママさんクライマーですが、それを感じさせない近年のコンペや岩での強さは衝撃的。
岩でも持ち前の保持力を活かし高難度を登りまくり、先日のMagicWoodのツアーではなんと8a(三段+)を登る成果をあげています。
気迫あふれる登りが特徴的で、BJCの決勝でのクライミングは観客に感動を与えました。
ワールドカップにも出場し、加須では幻のブザービートゴールマッチで会場をその日一番沸かせましたが、惜しくもジャッジでは認められず。
しかしその実力はワールドカップのセミファイナル進出に十分なことを世界に見せつけました。
昨年のMaster of BLoCでも決勝に進出していますが、表彰台は逃しています。
今年こそは文句なしの優勝候補でしょう!

・伊藤ふたば 選手
・BJC:4位 
Photo_13
最後は、今や日本の最トップ層のクライマーの1人まで登りつめた伊藤ふたば選手。
BJCで4位、リードジャパンカップで3位とボルダー・リードの両方に強みがあります。
しかしながら2002年世代でまだ中学2年生と末恐ろしい存在。
とにかく身体のあらゆる関節が柔らかく、並外れた保持力を武器に安定した王者の登りができる選手。
そして実はキャンパシングやランジなどの敏捷性を要するムーブも大得意です。
運動神経の使い方は女子の中では抜群ではないでしょうか。
簡単に言うと弱点が無いです。
ワールドカップに出場する年齢になれば世界を驚かせる存在になること間違いない選手。
昨年は4位だったMaster of BLoC、今年はもちろん優勝しか見えていないはずです!

以上です!
さぁいよいよ次はBJC男子上位のカテゴリーA!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月30日 (土)

Master of BLoC協賛企業様ご紹介(8/5追記あり)

Master of BLoCには以下の協賛企業様についていただけます!

それぞれ簡単にご紹介させていただきます。


UP ATHLETE
スポーツニュートリションの新鋭メーカー。
クライマーに最適な国産サプリメントとしてBCAA、EAA、グルコサミンを展開!
成分・価格・さらに口に入れた際の風味までこれまでのサプリの常識を覆す仕上がり。
どんどんシェアを伸ばしている急成長中のブランドです。

MOUNTAIN EQUIPMENT
イギリスの老舗アウトドアメーカー通称「ME」
本気のアルパインウェアやシュラフ、ザックなどアウトドアギアをトータルに展開しています。
どれもデザイン性に優れており、街で着ても注目されること間違い無し!
弊社スタッフ、nobuもサポートを受けており、これからもクライミングシーンをグイグイ盛り上げてくれるでしょう!!
http://mountain-equipment.jp/
Clife
国産デニム発祥の地、岡山に誕生したクライミングアパレルブランド「Clife-クライフ」
今年から販売を開始した注目ブランドです。
国産にこだわったデニムパンツはスッキリとした見た目とは裏腹に、どんなムーブにも対応する動きやすさ。デニムパンツの常識を覆してくれます。
もちろんFish&Birdで販売開始しました!

eyecandy
ハンドメイドチョークバックブランドの「eyeCandy」
ポップなカラーリングや素材使いに目がいくチョークバッグですが、各ラインナップともに製作者のイバンがひとつひとつ丁寧に作りながら改良を重ねた完成度の高さです。
チョークバックの他には、財布、カバン、Tシャツなど、センスの光る商品をラインナップしています。

thoufun
「楽しく登ろう」がコンセプトのクライミングアパレルメーカーの「THOUFUN」
タウンユースでオシャレに着れちゃうファッション性を持ちながら、クライミングの動きを妨げない機能性を兼ね備えた、奇跡のようなウェアを生み出すブランドです。
加島選手、石松選手もサポートを受けているところからも、クライミングに対する本気度が感じられます。

東京粉末
ハイクオリティチョークメーカーの「東京粉末」
クライマーなら誰でも知ってると言っても過言じゃないスーパーチョーク!
今では国内だけにはとどまらず、北米やヨーロッパなど世界各地に、日本発信のスペシャルチョークとしてグイグイと東京粉末信者を増やしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月25日 (月)

Master of BLoC 2016 カテゴリーC選手紹介 (7/24 現在)

続いてはBLoCのレギュラー男子の年間ランキング上位者を対象としたカテゴリーCクラスの選手紹介です。

年間通してBLoCを盛り上げてくれたこのクラス。
中にはカテゴリーAに出ても遜色のない日本トップレベルの実力の持ち主もちらほら。
さぁBLoCの真の王者は誰なのか!
【カテゴリーC選手紹介】
・村上優太郎 選手
・年間ランキング:31位
・ホームジム:インフィニティ
Photo
1人目は村上優太郎選手。
高校3年生でクライミング年数は浅いながらMaster of BLoCの舞台への出場権を手にしました。
村上選手は今期のアングラ戦にミドル男子クラスとして初出場。
結果、おそらく予選から決勝まで全ての課題を1撃するという無双をぶちかましました。
その後レギュラー男子にクラスを上げ、20位、11位と十分に上のクラスでも戦える力があることを証明。
若手特有のとても柔らかい登りと、いつでも落ち着いたポーカーフェイスが特徴的。
成長カーブから考えると一波乱起こす可能性は十分にあります。
後述する渡邉悠太選手との先輩後輩対決にも注目!

・石山晃 選手
・年間ランキング:30位
・ホームジム:Be Born
Photo_5

石山選手はまだ20代半ばですが、近年のクライマーの年齢層を考えるとベテランと呼んでよい選手。
パワフルで勢いのある登りでリーチの無さを補うスタイルは見ていて気持ちが良いです。
またこの若さでクライミングジムBeBornを経営しております。
しかもパパ!
今期は4年ぶりにBLoCの舞台に復活し、2戦出場ながら10位と13位と決勝にはあと一歩届かないものの安定した成績を残してします。
そして石山選手、その見た目通りのイケイケ系だそうで、チャラ山との異名も持つとか持たないとか。
肉食系枠としてMaster of BLoCに切り込んでほしい!

・宮本健太 選手
・年間ランキング:29位
・ホームジム:フィッシュ&バード
Photo_3
さぁ今年はなんとこの男がカテゴリーCに参戦!
ライノ・フィッシュの髭担当、宮本健太44歳。
最近は釣り、登山、日本酒、コーヒー、と多方面に活動していますがそのクライミング能力は折り紙つき。
昨年はBJCで上位に食い込み、カテゴリーAでMaster of BLoCに出場しています。
とにかくピンチをグイグイと握り倒す登りが特徴ですが、狭いテクニカルなムーブも意外と得意とします。
フィッシュのホールド・壁・セッターを知り尽くした男が何か起こしてくれる予感。
加えて、会場を爆笑の渦に巻き込むらしいです、よ。

・塚田遼河 選手
・年間ランキング:27位
・ホームジム:ライノ&バード
Photo_4
さぁ続いてはライノの不動の2番手、塚田リョーガ選手。
ライノに月25日は通い、文字通りホームジムとしています。
規格外の保持力を武器に、極力足を残し切るクライミングスタイルは必見。
外の岩でもBishopのマンダラを軽々と登っています。
今期のBLoCでは予選1位ながら決勝で沈むなど成績が安定していなかったものの、独自のトレーニングの成果なのか直近のコンペではFiveTenCup優勝、BeerSession準優勝などカテゴリーAでも通用する成績を残しています。
またその金髪の見た目通り、中二病です。
本気を出すことを「鬼を出す」と言います。
おそらく優勝しか見えていないはず。
強くなったメンタルを見せてくれ!

・小倉貴行 選手
・年間ランキング:27位
・ホームジム:スポーレ
Photo_6
小倉選手はスポーレでスタッフをするクライマーです。
BLoCには3年前にミドル男子で、昨年・今年とレギュラー男子で出場し着実に実力を伸ばしている選手。
小倉選手はクライミングと出会ったその日にクライミングの魅力に憑りつかれ、1ヶ月間毎日登り狂い、結果案の定指を怪我したそうです。
ただその熱意のままに成長し、今期はロッククラフト戦で16位、アングラ戦で15位と決勝に届き得る成績を残しています。
指の強さとリーチを武器にどこまで食い込んでくるか注目です!
波乱を起こせるか!?

・桑田芳昭 選手
・年間ランキング:26位
・ホームジム:エナジー
Photo_7
桑田選手、通称くわっちさんはBLoCを中心にコンペシーンを未だに盛り上げ続ける超ベテランクライマー。
今年で惑うことを知らない驚きの40歳。
おそらく全参加選手で最年長です。
BLoCへの初参戦はなんと初年度の2009年。
現在も現役バリバリでMaster of BLoCへ今回含めて3戦全てに出場中!
外の岩でも高難度課題を登りまくり、更にホームのエナジークライミングジムで鍛えた保持力とテクニックは文字通り他の選手より一日の長があるはず。
リーチが無くても、40代でも、ここまでやれるんだということを見せつけてほしい。
マジで期待しています!

・渡邉悠太 選手
・年間ランキング:24位
・ホームジム:カルチェロッシュ/ライノ&バード
Photo_8
お次はライノの一番の伸び盛り、渡邉選手!
心優しきヤンキーです。
カルチェロッシュでスタッフをする傍ら、ライノ・フィッシュにトレーニングに通っています。
昨年は1つ下のカテゴリーDで3位になり、今年はクラスを上げてMaster of BLoCの舞台に帰ってきました。
大きな体を活かしピンチなどを握り倒すパワフルなクライミングが持ち味。
見た目は千葉のチャラい不良ですが、1つの課題を黙々と打ち続ける執着心と体力は目を見張るものがあります。
後輩の村上選手には負けられないでしょう。
ライノ勢の一角として、決勝進出して会場を沸かせてくれ!

・西川和宏 選手
・年間ランキング:24位
・ホームジム:フィッシュ&バード
Photo_9

お待ちかねはこの選手。
サラリーマンクライマー界の星、西コフの愛称でお馴染みの西川係長。
フィッシュの2階で捕まえられるポケモンの1種。
昨年はBJCで好成績を残しMaster of BLoCもカテゴリーAで出場しましたが、今年は仕事に精を出し過ぎるあまりBJCに不出場。
そのまま社畜と成り下がりクライマー引退かと思いきや、やはりそこは西川さん。
ボーナスより完登が欲しいということでなんとか調整をしてBLoCには参戦し、カテゴリーCに乗り込む形となりました。
無類のファットピンチ好きとして有名であり、その保持力は日本トップクラスか。
完全復調した西コフの姿をフィッシュ勢に見せつけろ!

・田中修太 選手
・年間ランキング:23位
Photo_10
田中選手は16歳の若手クライマー。
層の厚い2000年代クライマーのうちの1人。
リードがとても強い選手で、昨年のジュニアオリンピックカップでユースBで優勝、その勢いのままアジアユースでも優勝しているため世代最強と言って良いでしょう。
リードジャパンカップでも日本トップレベルの並み居る強豪に交じり、10位に食い込んでいます。
その登り方はボルダーにも表れていて、とてもしなやかで伸びのあるクライミングスタイル。
今期のBLoCも決勝進出こそないものの安定した成績を残し、Master of BLoCへの切符を手にしました。
ボルダーでも力があるところを見せ、会場を驚かせられるか!?

・川又玲瑛 選手
・年間ランキング:21位
・ホームジム:ロストキャニオン
Photo_11
川又選手は男子の出場選手の中では圧倒的に最少年齢の12歳のクライマー!
中学生になりたての選手です。
昨年のBLoCではエントリークラスとミドル男子クラスでの出場。
今期からレギュラー男子にクラス上げをし最終のFish戦ではあと一歩で決勝の10位と驚異的な成長率を見せています。
もちろんボルダリングユース選手権ではユースCで格の違いを見せつけ優勝。
またクライミングコンペだけでなく岩にも積極的に出掛け、塩原の破壊王ニコルを登っています。
おそらく今後の日本のボルダーシーンを背負っていく存在になるでしょう!
Master of BLoCでセンセーションを起こすこと間違いなし。
ちなみに父親の学さんは、一昨年のMaster of BLoCにカテゴリーDで出場しています!
なんて素敵な親子なんだ。

・武田匠 選手
・年間ランキング:19位
・ホームジム:エナジー
Photo_12


こんな可愛いハムスターの写真を送りつけてきたのは武田選手。
真面目な顔をしていますがお茶目な一面があります。
ただクライミングに対する姿勢は真剣そのもの。
ボルダーとリードの両方をハイレベルにこなし、保持を要する課題からテクニカルな系統まで弱点の無い選手。
今年の東京都の国体代表選手にも選ばれています。
昨年もMaster of BLoCのカテゴリーCに出場し、惜しくも表彰台は逃しましたが総合4位。
最終課題の気迫のトライは記憶に残っている方もいるのでは。
今年はもちろん昨年を上回る順位を決めてくれるはずだ!

・小田島順 選手
・年間ランキング:19位
・ホームジム:J&S
Photo_2
次はお待ちかね、小田島選手。
もはやFishで開催されるコンペに限っては皆勤レベルで出場してくれている、お馴染みのクライマー。
先日もBeer Sessionで決勝に進出し沸かせてくれました。
またクライミングに対し明晰な視点を持ちながらも非常に熱い姿勢は恵比寿界隈のクライマー間では評判が高いです。
30代後半というコンペティターとしては高めの年齢ですが、長身を活かしたキレのある渋い登りで魅せてくれます。
先日の印西ロッキーの年代別コンペでは30代後半の部でもちろん優勝。
その勢いのままMaster of BLoCをかっさらってくれたらカッコよすぎますね!

・大木輝一 選手
・年間ランキング:15位
・ホームジム:サイファー
Photo
大木選手は今急成長中のクライマー!
セッターとしても売り出し中。
BLoCには今期2戦出場し、Fish戦では見事決勝進出を果たしています。
屈強なフィジカルを武器に力強い登りをしますが、細かいホールドの保持力も高いと思われます。
その証拠にクライミング歴は浅いながら、岩場でも高難度課題をバシバシ落としている様子。
猛者が集まる神奈川県で今年の国体代表にも選ばれています。
Master of BLoCという初舞台で持っているポテンシャルをしっかり発揮できるか、注目しましょう。

・土肥圭太 選手
・年間ランキング:12位
・ホームジム:攀
Photo_2
土肥選手も2000年世代の若手選手。
ただBLoCには2011年から出場するなどキャリアはそれなりに長いクライマーです。
今期は5戦フル出場し、エナジー戦では決勝に進出。
ニコニコ笑いながらふわふわと登っていく印象です。
先日行われたボルダリングユース選手権でもその実力通り、上の世代に交ざりながらもユースAで4位と大健闘。
昨年のMaster of BLoCでは惜しくもライン下で決勝の舞台には上がれず悔しい思いをしました。
その雪辱を晴らすことができるか!

・今泉結太 選手
・年間ランキング:10位
・ホームジム:スポーレ
Photo_3
2000年世代が続きます!
その中でも今一番の成長株かもしれないのが今泉選手。
本業の釣りの傍ら、学生とクライミングを趣味でやっているやんちゃボーイ。
今期もBLoCでは安定した成績を見せ、アングラ戦では決勝にコマを進めています。
最近は前にも増してバルクアップしたのか、大人顔負けの肉体でガシガシ登るムーブが特徴的。
印西ロッキーで行われた年齢別コンペではワールドカップで活躍するような選手に交じり24歳以下の部で決勝進出し、そのポテンシャルの高さを見せつけました。
Master of BLoCには初年度から参戦し、着実にクラスを上げてきています。
今年は決勝、そして優勝が射程圏内か!

・鈴木正信 選手
・年間ランキング:9位
・ホームジム:グラビティ/明治大学
2
鈴木選手は強豪学生が揃う明治大学のエース。
今期BLoCには4戦参加しましたが、最終戦のFish戦の予選は他を圧倒する登りでTop通過と大躍進、最終的に4位と好成績を収めました。
Fish戦当日は本人も「めちゃくちゃ調子が良い」と話していた様に、波に乗ると手が付けられなくなるタイプ。
とてもバネがあり、躍動感あふれる登りをします。
初のMaster of BLoCという条件の中、ゾーンに入って120%の力が出せるか。
またあの驚異的な登りが見たいですね!

・坂本裕樹 選手
・年間ランキング:8位
・ホームジム:Boulders
Photo_5
残すところは上位3名。
坂本選手はBLoCには頻繁に出場しているお馴染みの選手。
今期はアングラ戦で3位、クエール戦で決勝進出など安定した成績を残しMaster of BLoCに2年ぶりに舞い戻ってきました。
イカツイ見た目から通称ヤンキーの名で通っていますが、登りもマジでイカツイです!
パワー、保持、共に兼ね備えていますが、ランジなどのダイナミックなムーブも大得意。
都内最高のジムとの呼び声高いBouldersでストイックに日々追い込んでいます。
いつもの安定感を見せれば決勝には進んでくるのではないでしょうか。
期待がかかります。

・佐々木原 選手
・年間ランキング:3位
・ホームジム:ジェダイ聖堂/ロックランズ
Photo_6
お次はジェダイの騎士からとうとうシスに取り込まれてしまった、チャンゲンこと佐々木原選手。
浅いクライミング歴ながら、もう今やコンペ決勝の常連組。
スローパーの保持力は日本随一で、マントルの強さも規格外です。
今期のBLoCでもエナジー戦で決勝全完登という圧巻の優勝劇を見せました。
Master of BLoCにも3年連続の出場で、昨年はカテゴリーCで準優勝。
決勝第2課題のスラブマントル課題をただ1人あっさりと返し、「クライマーに必要なのは腕立て伏せ」の名言を残しました。
コンペによって調子の波の上がり下がりがありますが、上手くメンタルコントロールできれば優勝候補の一角でしょう。
ダークサイドに堕ちたチャンゲンはこれまでとは何かが違うはず!

・本間大晴 選手
・年間ランキング:2位
・ホームジム:PUMP
Photo_7
最後はBLoC初年度から参加してくれている本間選手。
キッズクラスから着々と実力を積み上げ、レギュラークラスのトップまで上り詰めました。
今期は途中で負傷棄権をしたアングラ戦を除けば、3戦全てで決勝進出と抜群の安定感!
最終のFish戦では、他の選手とは一線を画した集中力みなぎるトライで決勝3課題全て1撃。
オブザベの段階から必ずオンサイトするという気迫が伝わってきました。
Master of BLoCの大舞台であのFish戦決勝の登りを出すことができれば、優勝を手中に収めることは間違いないでしょう。
神掛ったクライミングが再び見たい!

以上です。
勢いに任せて書いたので熱くなり過ぎたかもしれません。
次は個人的には一番書くのが難しい女子カテゴリーのBクラス!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Master of BLoC 2016 お知らせ&カテゴリーD選手紹介 (7/24 現在)

8月7日(日)開催の「Master of BLoC 2016」まであと2週間程度となりました!
というわけで、お知らせと恒例の選手紹介をさせていただきたいと思います。
まずお知らせの1つ目は、競技時間に関してです。
これまでのMaster of BLoCでは課題ごとの競技時間が3分と非常にタイトでしたが、こちらを4分に延ばします!
お知らせの2つ目は、出場候補選手に関してです。
出場候補の選手には個別に連絡を差し上げていますが、返信がない方も何人かいますので連絡がうまく行き届いていない可能性があります。
ですので、以下の対象になっている選手で連絡が届いていないが出場したいという方は
mickey@rhino-bird.com
までご連絡をいただいても宜しいでしょうか?
・カテゴリーA: BJC2016男子 51位以内
・カテゴリーB: BJC2016女子 22位以内 or BLoC7thレギュラー女子年間ランキング17位以内
・カテゴリーC: BLoC7thレギュラー男子年間ランキング31位以内
・カテゴリーD: BLoC7thミドル男子年間ランキング16位以内
さて、続いてカテゴリーDの選手紹介です!
ミドル男子の王者を決めるこのクラスは年々層が厚くなっております。
栄冠を掴むのは誰なのか。
ほぼ主観で書いている選手紹介となっていますので、選手や関係者の皆様ご容赦ください。
それでは、どうぞ。
【カテゴリーD選手紹介】
・大塚紀孝 選手
・年間ランキング:3位
・ホームジム:エバーフリー
Photo_8
強豪選手が追加で参加表明してくれたので、紹介します。
大塚選手は今期2戦のみの参戦ですが、クエール戦3位、Fish戦優勝と、抜群の成績!
小柄ながらフィジカルが強い選手で、跳ねる様に登りリーチの無さを感じさせません。
Fish戦でセッターがかなり難しく調整した最終課題を前にして、笑みを浮かべながら登る姿が印象に残っています。
おそらく本村選手と小林選手の2強に食い込める実力の持ち主。
カテゴリーDの優勝の行方がわからなくなり、ますます目が離せないですね!

・宮崎良 選手
・年間ランキング:16位
・ホームジム:PUMP
Photo_5
宮崎選手はホームジムPUMPでBLoCに参戦していますが、最近はライノ&バードとフィッシュ&バードもホームとしてくださっているので、ライノ・フィッシュ勢にはお馴染みの選手。
主にカチ系の保持に優れ、時に驚くようなパフォーマンスを見せます。
一方で、身体の柔軟性に難があるためそのあたりの克服がMaster of BLoC等の練られたコンペ課題に対応できるかどうかのカギになるでしょうか。
そして宮崎選手はなんと今期5戦中3戦で決勝・準決勝進出のライン下になっている、ミスターライン下なのです!
今回はギリギリ滑り込みで念願のMaster of BLoCに出場が決定。
これまでのうっぷんを晴らして上位陣をごぼう抜きして欲しい!

・大脇拓也 選手
・年間ランキング:15位
・ホームジム:フィッシュ&バード
Photo_6
大脇選手はフィッシュ&バードをホームにしている選手で、わっきーのニックネームで知られるナイスガイ。
フィッシュの2階で上裸の男がいたら、わっきーか菅さんだと思って間違いないでしょう。
キレッキレの肉体を活かしたパワフル系が得意かと思いきや、細かいホールドの保持力もかなりのものです。
僕は以前フィッシュのフィンガーボードの激カチにぶら下がれるかという勝負をわっきーとして、ド敗退したことがあります。
そのフィジカルを如何なく発揮し今期のアングラ戦では見事に決勝進出。
ただ、実力の波にムラがあるためそこの克服が課題でしょうか。
Master of BLoCでは課題とガチっとハマって是非上位に食い込みホームを沸かせてもらいたい!

・石川貴浩 選手
・年間ランキング:14位
・ホームジム:サムズアップ
Photo_7
石川選手は名古屋のサムズアップをホームジムとするクライマーです。
お友達のわっきーと偶然並んで2人ともMaster of BLoCの出場権をget!
そして注目すべきはこの石川選手、なんと今期BLoCの参戦はFish戦の1戦のみ。
そのFish戦で見事3位で表彰台入りし、ランキング上位に位置付けました。
ミドル離れしたそのフィジカルに加え、Fish戦の決勝を見た限りでは緩傾斜やスラブを確実に登り切るテクニックも兼ね備えています。
今回の伏兵となる選手です。
Master of BLoCの称号を東海からの刺客がかっさらってしまうのか!注目です。

・阿部誠 選手
・年間ランキング:12位
・ホームジム:エナジー
Photo_8
阿部誠選手はここ数年BLoCのミドル男子クラスを盛り上げてくれている選手です。
一昨年のMaster of BLoC 2014では同じくカテゴリーDで出場の経験があります!
毎年BLoCには少ない参戦数ながらいつも表彰台に食い込んでいる印象がある阿部選手。
今年はロッククラフト戦のみに出場し、なんと準優勝を決めました!
おそらくその実力はレギュラー男子クラスと言っても過言ではないでしょう。
2年前に果たせなかったMaster of BLoCの決勝の舞台に今度こそは進出し、行くところまで行ってくれるでしょう!
期待ですね。

・花岡俊行 選手
・年間ランキング:11位
・ホームジム:ドッグウッド
Photo_9
花岡選手はドッグウッドをホームジムとしながら様々なジムに遠征しているクライマー。
コンペに出場し始めたのはここ1年程らしいですが、凄まじいペースでコンペにハマり、なんと今期のBLoCは全戦出場!
そしてアングラ戦では決勝に進出。
クライミングを考える力と安定したメンタルの持ち主でコンペでのオンサイト能力に優れ、登れる課題を確実に登れることが強みです。
頂点を決めるMaster of BLoCではミドルクラスの強度上限ギリギリの課題も出る可能性があるため、そのあたりの高強度課題へどう対応してくるか。
先日Fishで行われたBeer Sessionではそのコンペ対応能力を存分に発揮し、ミドルクラスで優勝をした花岡選手。
その勢いのままMaster of BLoCでも突き抜けてほしい!

・阿部大志 選手
・年間ランキング:10位
・ホームジム:ロッククラフト
Photo_10
阿部選手はBLoCのミドル男子クラスでかつて並外れた実力を誇った選手。
2013年ではシリーズ優勝を最後まで争い、年間ランキング3位、その勢いのままMaster of BLoCでも準優勝を飾りました。
その後ブランクがあったのかしばらくコンペシーンからは遠ざかっていましたが、今期のBLoCに再び参戦しエナジー戦で3位と完全復調!
細かいホールディングよりはどちらかというとピンチなどのパワフルなムーブを得意としている選手でしょうか。豪快な登りが気持ち良いです!
2年ぶりのMaster of BLoCの舞台、順調に実力を取り戻せば優勝もあるでしょう!

・松本冬希 選手
・年間ランキング:9位
・ホームジム:ロッククラフト
Photo_11
松本選手は昨年からBLoCに参戦しめきめきと実力を付けている選手。
昨年はミドル男子クラスでも決して上位ではありませんでしたが、今期はなんと大幅に順位を伸ばしクエール戦では決勝に進出!
まだ成績に安定感はありませんが、経験を積んでくれば決勝常連となる底力は持ってるでしょう。
クエール戦の決勝を見た限りは、長身を活かし落ち着いた登りをするクライマーの印象です。
初めてのMaster of BLoCの舞台、思い切って戦ってください!!

・古谷達哉 選手
・年間ランキング:8位
・ホームジム:Zen
Photo_12
古谷選手は伸び盛りの若手選手。
今期BLoCに初参戦、かつFish戦の1戦のみでしたが安定した登りで準優勝!
非常に優れた体格からパワフルなムーブを繰り出しますが、緩傾斜も強いです。
外の岩にもちょくちょく行くようなので細かいホールディングやテクニックも兼ね備えているか!?
Fish戦で準優勝の力を出すことができれば、優勝も射程圏内でしょう!
大注目です。

・平岡寛仁 選手
・年間ランキング:7位
・ホームジム:エナジー
Photo_13
平岡選手は昨年からBLoCに参戦し、今年着実に力をつけてきた選手です。
昨年も今年もロッククラフト戦とエナジー戦のみに出場していますが、そのどちらでも順位を大幅に上げ、エナジー戦では混戦を抜け出し準優勝!
エナジーをホームにしているだけに、Master of BLoCのテクニカルな課題の攻略に期待がかかります。
若手なので当日までにまだまだ実力を伸ばしてくるでしょう!

・黒須泰治 選手
・年間ランキング:6位
・ホームジム:ロッククラフト
Photo_14
黒須選手はBLoCではお馴染みの選手です。
ここ数年、BLoCに精力的に出場してくださり通算出場回数はなんと13回!
現在のミスターブロックと言っても良いでしょう。
今期も4戦出場し、決勝2回進出と安定感を誇ります。
パワフルな見た目ですが、外の岩にも通っているようなので繊細さも兼ね備えているか。
昨年のMaster of BLoCには出場していますが10位と決勝進出はならず。
きっと前回のリベンジを果たしてくれるでしょう!

・今村勇樹 選手
・年間ランキング:4位
・ホームジム:ライノ&バード
Photo_15


さぁ残すところはあと3名。
今村選手はその本名以上に「しましま」の名前で有名な、ライノとフィッシュをホームジムとする軟体動物です。
一昔前は「しまムーブ」とも言われる独特の変態的なムーブを繰り出すことが目立ちましたが、近年は苦手のランジやデッドも克服しつつあり、登りにも安定感が出てきました。
その証拠に今期は2度決勝に進出し、クエール戦では準優勝と言う素晴らしい成績を収めています。
日暮里生まれ凹角育ち悪そうなカチはだいたいマッチのしまさん。
昨年のMaster of BLoCでは12位と彼にとっては納得いっていない成績だと思うので、今年こそは雪辱を果たしてくれ!

・本村祐太 選手
・年間ランキング:2位
・ホームジム:B2/フィッシュ&バード
Photo_16
年間ランキング2位は、もっちーこと本村選手。
フレッシュマンとなった今年、現在名古屋で研修中ですが、元々はフィッシュをホームジムとしていたクライマー。
恵まれたフィジカルを武器にミドル離れした実力を持ち、次に紹介する小林選手とともに今大会のカテゴリーDの双璧を成す選手。
今期のBLoCミドル男子クラスでは2戦出場し、優勝と準優勝と文句ない成績を残し、シーズン途中でレギュラー男子にクラスを上げています。
弱点は特に見当たらないですが、強いて言うと本人の中ではカチの保持に苦手意識を持っているか。
もっちーはおそらく優勝しか見えていないでしょう!
フィッシュで共にセッションしていたクライマー達にもさらに成長した姿を見せてくれ。

・小林洋輝 選手
・年間ランキング1位
・ホームジム:グリーンアロー
Photo_17
さぁ最後は文句なしの優勝候補、小林選手。
小林選手は今期3戦出場し、5位、優勝、優勝と抜群の安定感。
しかも5位だったロッククラフト戦も予選はトップで通過しています。
それに加えてなんと小林選手は弱冠13歳!
伸びのある綺麗な登りが特徴的で、他の選手が苦戦する箇所をスイスイと超えていきます。
しかも端整な顔立ちで将来イケメンになること間違いなし。
この選手に死角はなさそうだ!
Master of BLoCという魔物に飲み込まれなければ栄冠を手にするでしょう。
小林選手から目を離すな!

以上です!
カテゴリーC以降の選手紹介もお楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月23日 (木)

Master of BLoC 2016 開催!

みなさん、お待たせしました。

今年も大きな盛り上がりを見せたBLoCですが、例年通りこの夏も「Master of BLoC」を開催します。
Master of BLoCは招待制のコンペであり、BLoCの年間ランキングとジャパンカップの上位者が対象です。
さぁ、今年もどんな伝説が生まれるか楽しみですね!
20676378496_147f65112f_z
【Master of BLoC 2016 概要】
・日時:2016年8月7日(日曜日)
・場所:Fish&Bird
・参加選手:カテゴリー毎に以下の選手を対象に招待メール/メッセージを順次送らせていただきます
 カテゴリーA BJC2016男子上位20名
 カテゴリーB BJC2016女子上位10名+BLoC2015レギュラー女子上位10名
 カテゴリーC BLoC2015レギュラー男子上位20名
 カテゴリーD BLoC2015ミドル男子上位15名
・参加費:4,000円(税込)
・コンペ形式:予選がベルトコンベア、決勝がWC方式の予定
・セッター:平嶋元、Fish&Rhinoスタッフ、他
詳細はブログや参加選手への直接のご連絡で追って行います。
選手紹介等も行いますので、お楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月26日 (土)

BLoC 7th Rd.5 Fish&Bird 参加申込状況 4/1 21時時点

BLoC 7th Fish戦の4/1の21時時点での申込状況です。
ミドル男子とエントリーの予選時間を10分ずつ延長するので、それに伴い定員を
ミドル男子70人、エントリー50人に増やしています!
ご確認ください。
160401_21_
160401_21__2
160401_21__3
160401_21__4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月25日 (金)

BLoC 7th Fish戦 セッター紹介

さて、BLoC 7th 最終戦のFish&Bird戦まであと1週間あまりとなりました。

みなさん、調子を合わせてきている頃かと思います。
そしてこのFish戦、いつものフィッシュ&ライノのスタッフに加えてゲストセッターを2名招待していますので、セッター紹介をさせていただきます。
1人目は稲垣 智洋(いながき ともひろ)さんです!
Photo
稲垣さんは岡山在住で中国・関西地方を中心に、セット・スクール・開拓等を幅広く手掛けるクライマーです。
最近ですと、一昨年に公開された岡山の「矢掛ボルダー」の開拓などを精力的におこなっていたことで有名です。
稲垣さんのモットーは「自分と岩との間にできるだけ道具をなくすことでクライミングの持つ無限の可能性、楽しさを感じる」というものであり、時にはフリーソロなどのスタイルで岩を登ることもあります。
噂によると、フリーソロのスタイルで地上から百メートル以上の場所でランジをすることもあるとかないとか、、、。
また稲垣さんはFiveTenのシューズ「モカシム」をこよなく愛するクライマーであり、ジム用、アップ用、エッジ用、スメア用etc...など多数のモカシムを使い分けているそうです。
そんな稲垣さんが得意とするのは特にスラブ等の緩い傾斜でのセットです。
時には稲垣さん以外のその場にいるセッターの誰も登れないほどの個性的な課題を作り出すそうです。
まさに独特の局面スラブを持つFishと相性抜群。
どのような課題が生まれるのか、非常に楽しみです!

2人目は、つっかーこと水口 僚(みずぐち つかさ)さんです!
Photo_2


もはや、全国レベルで有名なセッターになっているので、説明不要かもしれません。
B-Rocky等のハイレベルな関東の草コンペでのセットに加え、今年のボルダリングジャパンカップでもアシスタントセッターとしてメンバー入りし、その非常に高いセット能力が話題になりました。
フィッシュ&ライノでも、Master of BLoCやMonthlyでセットをしてくれました。
抜群の保持力、柔軟性、豊富なセット経験からの引き出しの多さで、BLoCをこれまでにないレベルに引き上げてくれるでしょう。
特にレギュラー女子の課題はつっかーワールド全開になるのでは!?

そして、ここでビッグニュースを投下!
なんとつっかーは4月からフィッシュ&ライノのスタッフになってくれます!!
一段とフィッシュ&ライノが華やかになると同時に、課題セットの面でも進化したジムになるでしょう。
関東のつっかーファン、フィッシュ&ライノに集まれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«BLoC 7th Fish戦 タイムスケジュール