2016年7月22日 (金)

Master of BLoC 2016 お知らせ&カテゴリーD選手紹介 (7/22 現在)

8月7日(日)開催の「Master of BLoC 2016」まであと2週間程度となりました!
というわけで、お知らせと恒例の選手紹介をさせていただきたいと思います。
まずお知らせの1つ目は、競技時間に関してです。
これまでのMaster of BLoCでは課題ごとの競技時間が3分と非常にタイトでしたが、こちらを4分に延ばします!
お知らせの2つ目は、出場候補選手に関してです。
出場候補の選手には個別に連絡を差し上げていますが、返信がない方も何人かいますので連絡がうまく行き届いていない可能性があります。
ですので、以下の対象になっている選手で連絡が届いていないが出場したいという方は
mickey@rhino-bird.com
までご連絡をいただいても宜しいでしょうか?
・カテゴリーA: BJC2016男子 51位以内
・カテゴリーB: BJC2016女子 22位以内 or BLoC7thレギュラー女子年間ランキング17位以内
・カテゴリーC: BLoC7thレギュラー男子年間ランキング31位以内
・カテゴリーD: BLoC7thミドル男子年間ランキング16位以内

さて、続いてカテゴリーDの選手紹介です!
ミドル男子の王者を決めるこのクラスは年々層が厚くなっております。
栄冠を掴むのは誰なのか。
ほぼ主観で書いている選手紹介となっていますので、選手や関係者の皆様ご容赦ください。
それでは、どうぞ。

【カテゴリーD選手紹介】
・宮崎良 選手
・年間ランキング:16位
・ホームジム:PUMP
Photo_5
宮崎選手はホームジムPUMPでBLoCに参戦していますが、最近はライノ&バードとフィッシュ&バードもホームとしてくださっているので、ライノ・フィッシュ勢にはお馴染みの選手。
主にカチ系の保持に優れ、時に驚くようなパフォーマンスを見せます。
一方で、身体の柔軟性に難があるためそのあたりの克服がMaster of BLoC等の練られたコンペ課題に対応できるかどうかのカギになるでしょうか。
そして宮崎選手はなんと今期5戦中3戦で決勝・準決勝進出のライン下になっている、ミスターライン下なのです!
今回はギリギリ滑り込みで念願のMaster of BLoCに出場が決定。
これまでのうっぷんを晴らして上位陣をごぼう抜きして欲しい!

・大脇拓也 選手
・年間ランキング:15位
・ホームジム:フィッシュ&バード
Photo_6
大脇選手はフィッシュ&バードをホームにしている選手で、わっきーのニックネームで知られるナイスガイ。
フィッシュの2階で上裸の男がいたら、わっきーか菅さんだと思って間違いないでしょう。
キレッキレの肉体を活かしたパワフル系が得意かと思いきや、細かいホールドの保持力もかなりのものです。
僕は以前フィッシュのフィンガーボードの激カチにぶら下がれるかという勝負をわっきーとして、ド敗退したことがあります。
そのフィジカルを如何なく発揮し今期のアングラ戦では見事に決勝進出。
ただ、実力の波にムラがあるためそこの克服が課題でしょうか。
Master of BLoCでは課題とガチっとハマって是非上位に食い込みホームを沸かせてもらいたい!

・石川貴浩 選手
・年間ランキング:14位
・ホームジム:サムズアップ
Photo_7
石川選手は名古屋のサムズアップをホームジムとするクライマーです。
お友達のわっきーと偶然並んで2人ともMaster of BLoCの出場権をget!
そして注目すべきはこの石川選手、なんと今期BLoCの参戦はFish戦の1戦のみ。
そのFish戦で見事3位で表彰台入りし、ランキング上位に位置付けました。
ミドル離れしたそのフィジカルに加え、Fish戦の決勝を見た限りでは緩傾斜やスラブを確実に登り切るテクニックも兼ね備えています。
今回の伏兵となる選手です。
Master of BLoCの称号を東海からの刺客がかっさらってしまうのか!注目です。

・阿部誠 選手
・年間ランキング:12位
・ホームジム:エナジー
Photo_8
阿部誠選手はここ数年BLoCのミドル男子クラスを盛り上げてくれている選手です。
一昨年のMaster of BLoC 2014では同じくカテゴリーDで出場の経験があります!
毎年BLoCには少ない参戦数ながらいつも表彰台に食い込んでいる印象がある阿部選手。
今年はロッククラフト戦のみに出場し、なんと準優勝を決めました!
おそらくその実力はレギュラー男子クラスと言っても過言ではないでしょう。
2年前に果たせなかったMaster of BLoCの決勝の舞台に今度こそは進出し、行くところまで行ってくれるでしょう!
期待ですね。

・花岡俊行 選手
・年間ランキング:11位
・ホームジム:ドッグウッド
Photo_9
花岡選手はドッグウッドをホームジムとしながら様々なジムに遠征しているクライマー。
コンペに出場し始めたのはここ1年程らしいですが、凄まじいペースでコンペにハマり、なんと今期のBLoCは全戦出場!
そしてアングラ戦では決勝に進出。
クライミングを考える力と安定したメンタルの持ち主でコンペでのオンサイト能力に優れ、登れる課題を確実に登れることが強みです。
頂点を決めるMaster of BLoCではミドルクラスの強度上限ギリギリの課題も出る可能性があるため、そのあたりの高強度課題へどう対応してくるか。
先日Fishで行われたBeer Sessionではそのコンペ対応能力を存分に発揮し、ミドルクラスで優勝をした花岡選手。
その勢いのままMaster of BLoCでも突き抜けてほしい!

・阿部大志 選手
・年間ランキング:10位
・ホームジム:ロッククラフト
Photo_10
阿部選手はBLoCのミドル男子クラスでかつて並外れた実力を誇った選手。
2013年ではシリーズ優勝を最後まで争い、年間ランキング3位、その勢いのままMaster of BLoCでも準優勝を飾りました。
その後ブランクがあったのかしばらくコンペシーンからは遠ざかっていましたが、今期のBLoCに再び参戦しエナジー戦で3位と完全復調!
細かいホールディングよりはどちらかというとピンチなどのパワフルなムーブを得意としている選手でしょうか。豪快な登りが気持ち良いです!
2年ぶりのMaster of BLoCの舞台、順調に実力を取り戻せば優勝もあるでしょう!

・松本冬希 選手
・年間ランキング:9位
・ホームジム:ロッククラフト
Photo_11
松本選手は昨年からBLoCに参戦しめきめきと実力を付けている選手。
昨年はミドル男子クラスでも決して上位ではありませんでしたが、今期はなんと大幅に順位を伸ばしクエール戦では決勝に進出!
まだ成績に安定感はありませんが、経験を積んでくれば決勝常連となる底力は持ってるでしょう。
クエール戦の決勝を見た限りは、長身を活かし落ち着いた登りをするクライマーの印象です。
初めてのMaster of BLoCの舞台、思い切って戦ってください!!

・古谷達哉 選手
・年間ランキング:8位
・ホームジム:Zen
Photo_12
古谷選手は伸び盛りの若手選手。
今期BLoCに初参戦、かつFish戦の1戦のみでしたが安定した登りで準優勝!
非常に優れた体格からパワフルなムーブを繰り出しますが、緩傾斜も強いです。
外の岩にもちょくちょく行くようなので細かいホールディングやテクニックも兼ね備えているか!?
Fish戦で準優勝の力を出すことができれば、優勝も射程圏内でしょう!
大注目です。

・平岡寛仁 選手
・年間ランキング:7位
・ホームジム:エナジー
Photo_13
平岡選手は昨年からBLoCに参戦し、今年着実に力をつけてきた選手です。
昨年も今年もロッククラフト戦とエナジー戦のみに出場していますが、そのどちらでも順位を大幅に上げ、エナジー戦では混戦を抜け出し準優勝!
エナジーをホームにしているだけに、Master of BLoCのテクニカルな課題の攻略に期待がかかります。
若手なので当日までにまだまだ実力を伸ばしてくるでしょう!

・黒須泰治 選手
・年間ランキング:6位
・ホームジム:ロッククラフト
Photo_14
黒須選手はBLoCではお馴染みの選手です。
ここ数年、BLoCに精力的に出場してくださり通算出場回数はなんと13回!
現在のミスターブロックと言っても良いでしょう。
今期も4戦出場し、決勝2回進出と安定感を誇ります。
パワフルな見た目ですが、外の岩にも通っているようなので繊細さも兼ね備えているか。
昨年のMaster of BLoCには出場していますが10位と決勝進出はならず。
きっと前回のリベンジを果たしてくれるでしょう!

・今村勇樹 選手
・年間ランキング:4位
・ホームジム:ライノ&バード
Photo_15
さぁ残すところはあと3名。
今村選手はその本名以上に「しましま」の名前で有名な、ライノとフィッシュをホームジムとする軟体動物です。
一昔前は「しまムーブ」とも言われる独特の変態的なムーブを繰り出すことが目立ちましたが、近年は苦手のランジやデッドも克服しつつあり、登りにも安定感が出てきました。
その証拠に今期は2度決勝に進出し、クエール戦では準優勝と言う素晴らしい成績を収めています。
日暮里生まれ凹角育ち悪そうなカチはだいたいマッチのしまさん。
昨年のMaster of BLoCでは12位と彼にとっては納得いっていない成績だと思うので、今年こそは雪辱を果たしてくれ!

・本村祐太 選手
・年間ランキング:2位
・ホームジム:B2/フィッシュ&バード
Photo_16
年間ランキング2位は、もっちーこと本村選手。
フレッシュマンとなった今年、現在名古屋で研修中ですが、元々はフィッシュをホームジムとしていたクライマー。
恵まれたフィジカルを武器にミドル離れした実力を持ち、次に紹介する小林選手とともに今大会のカテゴリーDの双璧を成す選手。
今期のBLoCミドル男子クラスでは2戦出場し、優勝と準優勝と文句ない成績を残し、シーズン途中でレギュラー男子にクラスを上げています。
弱点は特に見当たらないですが、強いて言うと本人の中ではカチの保持に苦手意識を持っているか。
もっちーはおそらく優勝しか見えていないでしょう!
フィッシュで共にセッションしていたクライマー達にもさらに成長した姿を見せてくれ。

・小林洋輝 選手
・年間ランキング1位
・ホームジム:グリーンアロー
Photo_17
さぁ最後は文句なしの優勝候補、小林選手。
小林選手は今期3戦出場し、5位、優勝、優勝と抜群の安定感。
しかも5位だったロッククラフト戦も予選はトップで通過しています。
それに加えてなんと小林選手は弱冠13歳!
伸びのある綺麗な登りが特徴的で、他の選手が苦戦する箇所をスイスイと超えていきます。
しかも端整な顔立ちで将来イケメンになること間違いなし。
この選手に死角はなさそうだ!
Master of BLoCという魔物に飲み込まれなければ栄冠を手にするでしょう。
小林選手から目を離すな!

以上です!
カテゴリーC以降の選手紹介もお楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月23日 (木)

Master of BLoC 2016 開催!

みなさん、お待たせしました。

今年も大きな盛り上がりを見せたBLoCですが、例年通りこの夏も「Master of BLoC」を開催します。
Master of BLoCは招待制のコンペであり、BLoCの年間ランキングとジャパンカップの上位者が対象です。
さぁ、今年もどんな伝説が生まれるか楽しみですね!
20676378496_147f65112f_z
【Master of BLoC 2016 概要】
・日時:2016年8月7日(日曜日)
・場所:Fish&Bird
・参加選手:カテゴリー毎に以下の選手を対象に招待メール/メッセージを順次送らせていただきます
 カテゴリーA BJC2016男子上位20名
 カテゴリーB BJC2016女子上位10名+BLoC2015レギュラー女子上位10名
 カテゴリーC BLoC2015レギュラー男子上位20名
 カテゴリーD BLoC2015ミドル男子上位15名
・参加費:4,000円(税込)
・コンペ形式:予選がベルトコンベア、決勝がWC方式の予定
・セッター:平嶋元、Fish&Rhinoスタッフ、他
詳細はブログや参加選手への直接のご連絡で追って行います。
選手紹介等も行いますので、お楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月26日 (土)

BLoC 7th Rd.5 Fish&Bird 参加申込状況 4/1 21時時点

BLoC 7th Fish戦の4/1の21時時点での申込状況です。
ミドル男子とエントリーの予選時間を10分ずつ延長するので、それに伴い定員を
ミドル男子70人、エントリー50人に増やしています!
ご確認ください。
160401_21_
160401_21__2
160401_21__3
160401_21__4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月25日 (金)

BLoC 7th Fish戦 セッター紹介

さて、BLoC 7th 最終戦のFish&Bird戦まであと1週間あまりとなりました。

みなさん、調子を合わせてきている頃かと思います。
そしてこのFish戦、いつものフィッシュ&ライノのスタッフに加えてゲストセッターを2名招待していますので、セッター紹介をさせていただきます。
1人目は稲垣 智洋(いながき ともひろ)さんです!
Photo
稲垣さんは岡山在住で中国・関西地方を中心に、セット・スクール・開拓等を幅広く手掛けるクライマーです。
最近ですと、一昨年に公開された岡山の「矢掛ボルダー」の開拓などを精力的におこなっていたことで有名です。
稲垣さんのモットーは「自分と岩との間にできるだけ道具をなくすことでクライミングの持つ無限の可能性、楽しさを感じる」というものであり、時にはフリーソロなどのスタイルで岩を登ることもあります。
噂によると、フリーソロのスタイルで地上から百メートル以上の場所でランジをすることもあるとかないとか、、、。
また稲垣さんはFiveTenのシューズ「モカシム」をこよなく愛するクライマーであり、ジム用、アップ用、エッジ用、スメア用etc...など多数のモカシムを使い分けているそうです。
そんな稲垣さんが得意とするのは特にスラブ等の緩い傾斜でのセットです。
時には稲垣さん以外のその場にいるセッターの誰も登れないほどの個性的な課題を作り出すそうです。
まさに独特の局面スラブを持つFishと相性抜群。
どのような課題が生まれるのか、非常に楽しみです!

2人目は、つっかーこと水口 僚(みずぐち つかさ)さんです!
Photo_2


もはや、全国レベルで有名なセッターになっているので、説明不要かもしれません。
B-Rocky等のハイレベルな関東の草コンペでのセットに加え、今年のボルダリングジャパンカップでもアシスタントセッターとしてメンバー入りし、その非常に高いセット能力が話題になりました。
フィッシュ&ライノでも、Master of BLoCやMonthlyでセットをしてくれました。
抜群の保持力、柔軟性、豊富なセット経験からの引き出しの多さで、BLoCをこれまでにないレベルに引き上げてくれるでしょう。
特にレギュラー女子の課題はつっかーワールド全開になるのでは!?

そして、ここでビッグニュースを投下!
なんとつっかーは4月からフィッシュ&ライノのスタッフになってくれます!!
一段とフィッシュ&ライノが華やかになると同時に、課題セットの面でも進化したジムになるでしょう。
関東のつっかーファン、フィッシュ&ライノに集まれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BLoC 7th Fish戦 タイムスケジュール

いよいよあと約2週間前に迫りましたBLoC Fish戦!
選手のみなさま大変お待たせいました、当日のタイムスケ

ジュールを発表いたします。ご確認ください!

予選は10エリア10課題で競技します、1エリアに1課

題だけですので、のびのびとしたトライができるはず!


Bloc_fish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月24日 (木)

BLoC 7th Fish戦 協賛企業様のご紹介

今回のBLoC 7th Rd.5 Fish & Bird戦は以下のメーカー様にご協賛頂いております。

・ルートセッター小澤信太氏が作る、ハイクオリティ国産ホールドメーカー、SNT Structure様。
・加島智子選手や石松大晟選手でお馴染み、国産クライミングウェアブランドのTHOUFUN様。http://thoufun.com/
・野口啓代選手のお父様が設立した、世界各地から良質なホールドを輸入し販売している、THE FARM様。http://thefarmclimbinghold.com/
・ブラックダイヤモンド、スカルパ、E-GRIPなどクライマーにお馴染のブランドを取り扱う、株式会社ロストアロー様。http://www.lostarrow.co.jp/
豪華な賞品に加え、コンペで使用するホールドも協賛していただいておりますのでお楽しみに!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 5日 (土)

BLoC 7th Rd.4 エナジークライミングジム浦和店 レポート

遅くなりましたが、エナジークライミングジム浦和戦のレポートになります!


Img_2547
Img_2548
Img_6266s


■キッズ 14名 <シリーズ戦対象外>

1位 伊東そら( B-PUMP 横浜 )
2位 齊藤天 ( NOBOROCK )
3位 田中有紗 ( PUMP1 )

当初はセッションラウンドのみでの順位付けの予定でしたが、全完が3名いたため急遽エントリークラスの決勝第三課題を用いてスーパーファイナルを行いました。
1課題のみので勝負は伊藤そら選手が見事に1撃完登で1位に、2位には5手まで進んだ齊藤天選手が、3位は3手目まで進んだ田中有紗選手となりました。
エントリークラスの決勝第三課題はエントリークラスの決勝で1撃2名、2撃1名、3名は登れずの課題でしたので、3名ともよく頑張ってくれたと思います。


エントリー 43名 <シリーズ戦対象外>

1位 牧田空( ロッククラフト川越 )
2位 佐藤純( ロッククラフト川越 )
3位 石井穂( B-PUMP 荻窪 )
4位 林涼介( B-PUMP 荻窪 )
5位 馬迫徹( ペキペキ幕張 )
6位 田宮直人( ウエストロック )

エントリーは決勝へのボーダーラインが予選10課題のうち9完登以上という厳しい戦いでした。
その中でも見事1位に輝いた牧田空選手が予選・決勝合わせた全ての課題を完登し、素晴らしい活躍をしてくれました。
また、2位の佐藤純選手、5位の馬迫徹選手も予選課題を全完登していますが、決勝での登りが運命を左右したようです。
そして3位の石井穂選手はエントリークラス決勝に残った唯一の女性選手で、小学生ながら大人顔向けの力強い登りを見せてくれました。


ミドル男子 59名 <シリーズ戦対象>

1位 小林洋輝( グリーンアロー八千代 )
2位 平岡寛仁( エナジー浦和 )
3位 阿部太志( ロッククラフト川越 )
4位 黒須泰治( ロッククラフト川越 )
5位 深田英之( フラッシュ )
6位 森川真吾( エナジー浦和 )
7位 上岡駿太( ZERO 伊勢崎 )

ミドル男子は小林洋輝選手がただ1人予選課題を8完登し圧倒的な実力を見せてくれました。
続く2位以降の選手は6完登が33名と実力が拮抗しており、ボーナスが明暗を分けました。
中でも全ての課題でボーナスを獲得している森川真吾選手が見事に2位通過をしています。
予選で6位タイが8名となってしまった為、急遽プレーオフを行い平岡寛仁選手、阿部太志選手の2名が決勝への出場権を得ました。
決勝では予選1位通過の小林洋輝選手が安定の登りで優勝、2位に平岡寛仁選手、3位に阿部太志選手と
プレーオフを勝ち抜いた2人がそのままの勢いで表彰台に上がりました。


レギュラー女子 17名 <シリーズ戦対象>

1位 曽我綾乃( PUMP1 )
2位 菅原亜弥( Pocket )
3位 栗田湖有( - )
4位 川端彰子( アンダーグラウンド )
5位 番場香月( ミストラル )
6位 木暮花( B-PUMP 秋葉原 )
7位 岩本岬( - )
8位 谷汐唯( ロックビーンズ )
8位 野部七海( vert )

レギュラー女子は川端彰子選手がレギュラー女子で唯一の8完登で予選を通過し、
続く7完登の栗田湖有選手、番場香月選手、木暮花選手、岩本岬選手、
そして6完登9ボーナスの曽我綾乃選手、菅原亜弥選手、谷汐唯選手、野部七海選手の計9名での決勝となりました。
曽我綾乃選手は予選では6位タイというギリギリの通過でしたが、決勝では見事な大躍進で勢いそのままに優勝を勝ち取りました。
2位の菅原亜弥選手も予選6位タイ通過でしたが、みごとに2完登をきめて2位に、そして3位には決勝第二課題のランジをとめて3ボーナスの栗田湖有選手が入りました。


レギュラー男子 37名 <シリーズ戦対象>

1位 アナキン・スカイウォーカー( ジェダイ聖堂 )
2位 大高伽弥( - )
3位 若尾龍隆( - )
4位 本間大晴( - )
5位 中島大智( 岩手県営運動公園 )
6位 土肥圭太( 攀・SLOTH )

レギュラー男子はアナキン・スカイウォーカー選手、本間大晴選手が予選を全完登で通過。
9完登した土肥圭太選手、8完登した大高伽弥選手、若尾龍隆選手、中島大智選手の6名での決勝となりました。
オブザベツアーではパフォーマンス中に事故を起すも、その登りに乱れは無く予選に引き続き決勝課題も全完登で、
アナキン・スカイウォーカー選手が見事に優勝を決めました。
2位には決勝1課題目を1撃した大高伽弥選手若尾龍隆選手の両選手が、2課題目は共にボーナスまでたどり着けず
勝負を3課題目に持ち越し、ボーナスへのアテンプト差という僅差で大高伽弥選手が2位、若尾龍隆選手が3位となりました。


参加者の皆様、協賛スポンサーの皆様ありがとうございました!
今期のBLoCも次のフィッシュ&バード戦を残すのみ!
申込は2016年3月6日(日)、店頭申込は10:00、ウェブ申込は18:00からです!


■ご協賛(敬称略)
株式会社サンダンスアウトドアーズ
株式会社キャラバン
株式会社ロストアロー
Logo

|

2016年3月 3日 (木)

BLoC 7th Rd.4 エナジー浦和戦フォトアルバム

BLoC 7th Rd.4 エナジー浦和戦のフォトアルバムをアップしました。
撮影:窪田美和子

BLoC7th Rd.4 エナジー浦和

|

2016年2月28日 (日)

BLoC 7th Rd.4 エナジークライミングジム浦和戦リザルト

BLoC 7th Rd.4 エナジークライミングジム浦和戦のリザルトです!

選手の皆様、関係者の皆様、中継スタッフの皆様、エナジースタッフの皆様お疲れ様でした!!!!
ご協賛いただきました、
株式会社キャラバン様、株式会社サンダンスアウトドアーズ様、株式会社ロストアロー様ありがとうございました!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月26日 (金)

BLoC 7th Rd.5 Fish&Bird 参加申込

お待たせしました!
BLoC 7th  第5戦フィッシュ&バード(4月3日(日)開催)の申込は、2016年3月6日(日)より開始いたします。
店頭申込は10:00より、ウェブ申込は18:00よりそれぞれ開始します。
Fish_and_bird
 
■セッター
稲垣智洋、永田乃由季、Fish・Rhinoスタッフ
■開催クラス / 募集定員
1)レギュラー男子:50名  <シリーズ戦 対象>
2)レギュラー女子:40名  <シリーズ戦 対象>
3)ミドル男子:50名  <シリーズ戦 対象>
4)エントリー(男女):40名  <シリーズ戦ではありません>
■参加料
¥4,000(1戦目か4戦目の方は参加賞があります)
■申込方法
1)店頭申込(Fish&Bird、Rhino&Birdそれぞれで各カテゴリー5名ずつ。3月6日(日)10:00より
2)ウェブ申込(3月6日(日)18:00に参加申込フォームが本BLoCブログ上にてアップされます)
※店頭申込み枠は3月8日(火)18:00までに定員枠に達しなかった場合はウェブ申込に振り分けます
※定員に達した後はキャンセル待ち扱いとなります
■その他注意事項等
※キャンセル料は不要ですが、キャンセル待ちの方に出来るだけ参加のチャンスを提供出来るよう、お早めにご連絡ください
※上記コンペのリザルトや写真を web 上で掲載しますのでご了承ください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«BLoC 7th Rd.4 エナジークライミングジム浦和店申込状況