« Master of BLoC 2015 カテゴリーD選手紹介 (7/5 現在) | トップページ | Master of BLoC 2015 カテゴリーB選手紹介 (7/14 現在) »

2015年7月 5日 (日)

Master of BLoC 2015 カテゴリーC選手紹介 (7/5 現在)

Master of BLoC 2015の選手紹介、本日はカテゴリーCです。

カテゴリーCはBLoCのメインとも言えるレギュラー男子のランキング上位者たちが参戦してくれます。
みなさん本当に今期のBLoCを盛り上げてくれた面々です。
かなりの猛者が集まっているのでこうご期待!!

【カテゴリーC選手紹介】
・武田匠 選手

27


年間ランキング:27位
ホームジム:エナジー
カテゴリーCの1人目は武田選手。
エナジーのスタッフで非常に温かみのある方です。
クライミングスタイルは緩傾斜から強傾斜まで弱点がない選手であり、コンペでも安定した成績を残しています。
今年のボルダリングジャパンカップではなんと33位に入るなど、かなりの実績の持ち主。
しかし、今期のBLoCでは2戦に出場して、そのどちらも後一歩のところで決勝を逃しています。
レギュラー男子No.1を決めるMaster of BLoCでは雪辱を晴らし、決勝へと駒を進めていただきたいです!



・今泉結太 選手
25



年間ランキング:25位
ホームジム:スポーレ


続いては今急成長中の今泉選手。
弱冠14歳の中学3年生の選手です。
ボルダー・リードともに現在絶好調であり、先日印西ロッキーで行われたColor of Fireでは強豪ひしめくスチューデントクラスで7位、ベースキャンプで行われたRock Festivalではマスタークラスで優勝を飾っています。
BLoCでは決勝進出経験はありませんが、伸び盛りの選手なので当日までにまだまだ実力を上げてくるでしょう。
柔らかく伸びがある登りで大人たちを倒して欲しい!!



・三神賢一 選手
24
年間ランキング:24位
ホームジム:ライノ&バード


さぁここで我らがライノの三神選手の登場!
通称God。
とにかくカチで引き付けるムーブが強い選手で、どんなホールドもスタティックに保持り倒します。
外岩にも非常に強い選手であり、行けば二段を落とさない日はありません。
保持力は十分なので、Fishの1階独特のムーブに対応できればかなり上位に食い込むのではないでしょうか。
同じ職場の先輩である小田島選手との師弟対決にも大注目です。
ちなみに彼女募集中です!(濃いめのアジア系美女。外人も可)



・矢野勝之 選手

23


年間ランキング:23位
ホームジム:T-Wall


お次はT-Wallの矢野選手。
今年37歳になりますが、バリバリのコンペティターです。
そしてT-Wallがホームなだけあって、かなりパワーと保持力のある選手です。
今期も第3戦のエナジーで7位、過去にもあと一歩で決勝を逃すなど決勝進出者と何ら変わらない実力を持っています。
成績に波のある選手なのでMaster of BLoC当日はその波が良い方向に出ることを期待です。
後輩のくにくにも応援してます!



・中村颯人 選手
21



年間ランキング:21位
ホームジム:ロッククラフト


またまた若い選手の登場です。
今泉選手と同年齢の14歳の中村選手。
しかしその体格と風貌は到底中学生とは思えずかなり貫録があります。
見た目の通りパワフルなムーブが得意です。
先日のユース選手権ではユースBで見事優勝し、同年代でNo.1の実力であることを証明しました。
Master of BLoCでは若者旋風を巻き起こして欲しいですね!



・桑田芳昭 選手
19


年間ランキング:19位
ホームジム:エナジー


お次はくわっちこと桑田選手。
年齢は今年で40歳を迎えますが、誰よりもコンペに気合を入れて出まくっています。
しかもコンペではコケることが非常に少なく、成績は常に上位をキープ。
今期のBLoCでも準決勝に進出し、過去には決勝進出経験も持ちます。
緩傾斜でのテクニカルなムーブとそのオンサイト力にはかなりの定評がありますので、Fishの1階でベルトコンベア形式で行われるMaster of BLoCでは好成績を期待して良いのではないでしょうか。



・谷田部浩史 選手


18


年間ランキング:18位
ホームジム:Zero


ベテラン勢が続きます。
ロッキーさんこと谷田部選手。
とにかく半端じゃない保持力の持ち主で、外岩では四段を何本も落としています。
BLoCでも今期は準決勝2回、去年は決勝に2度も進出して盛り上げてくれました。
ベテランの底力で若者を蹴散らしてくれ!!



・大井将生 選手

17

年間ランキング:17位
ホームジム:幕張総合高校


ここでついにBLoCの顔の登場です!
イケメン、赤いサンバイザー、競馬新聞が特徴の大井先生こと大井将生選手。
他の選手の写真は基本的に今期のものを使用しましたが、大井選手はこのあまりにも印象的な2010年のものを使用させていただきました。
BLoCの初年度から盛り上げてもらっている選手で、苦悶の表情を浮かべながらの魂の登りは見るものを引き付けます。
また千城台高校、幕張総合高校では多くの有力選手を育てクライミング界にも貢献しています。
BLoCの重鎮としての意地の登りを見せてもらいたいですね。



・加藤悠生 選手


15

年間ランキング:15位
ホームジム:ロッククラフト


このあたりからはカテゴリーAでも通用するような実力者がひしめきあっています。
加藤選手は15歳ながら今期のBLoCでは初戦のロッククラフトで決勝進出を決めた強豪選手。
流れるような柔らかな登りは本当に素晴らしいです。
また端整な顔立ちはくにくにから"ジャニ顔"と毎回嫉妬されるほど。
軽やかに決勝進出を決めて欲しいです!



・田中慎一 選手

14

年間ランキング:14位
ホームジム:ロッキー


続いてはしんちゃんこと田中選手!
まだ大学生ながらかなりのキャリアの持ち主であり、山梨での若尾選手との国体コンビは全国区で有名です。
BLoCも初年度から参加していて決勝進出も複数回、表彰台の経験もあります。
かなり実力にムラがある選手ですが、課題がハマるとワールドクラスの登りを見せてくれます。
昨年度もMaster of BLoCでカテゴリーCの決勝に進出しているので、今回は是非昨年を上回る成績を取ってくれ!



・杉卓洋 選手


11


年間ランキング:11位
ホームジム:ランナウト


さあそしてここで杉様の登場!
こちらも大井先生と並んでBLoCの顔と言っても過言ではない、杉選手です。
BLoCにも初年度から参加し、決勝の常連組です。
たくましい前腕と見た目通りのきれきれの頭脳が持ち味。
しかし杉選手BLoCで表彰台は何度か経験していますが、実は優勝は未だにしたことがありません。
このMaster of BLoCの大舞台で悲願の優勝は果たせるのか!?
期待しましょう。




・山内響 選手


11_2

年間ランキング:11位
ホームジム:岩手県営運動公園


次なる選手は今年急成長を遂げた山内響選手!
BLoCでは安定した好成績を残していることに加え、ユース選手権のユースAで6位、North Face CupのDiv1では準決勝に進出とカテゴリーAでも十分に通用する成績をあげています。
まるで猿のような伸びやかな動きが特徴で、ときおりとんでもない実力を発揮します。
今回の若手の中ではおそらく実力はトップ。
優勝も十分狙えるのではないでしょうか!



・酒井悠 選手
10

年間ランキング:10位
ホームジム:ライノ&バード


そしてここでナチュラルYouこと酒井悠のおでましです!
クライミングの時間のほとんどをキャンパシングと筋トレに費やして出来上がった肉体は日本トップクラス。
もはやキャンパと筋トレは彼の生活の一部であり、息をするようにキャンパをし、ご飯を食べるように片手懸垂をします。
今期のBLoCではアングラ戦で決勝に進出し、そのクライミングの実力も十分なことを周囲に見せつけました。
苦手傾斜はスラブなのでFishの1階で必ず出るであろうスラブ課題をどう乗り越えるかが見ものです。
よくNobuやたっくんに間違えられることが悩みの種らしいので、ちゃんとYou君を認識してあげてください。



・小田島順 選手


08

年間ランキング:8位
ホームジム:J&S


続いてはOJさんこと小田島選手!
30代後半ながら、ここ1,2年のコンペへの参加数は凄まじいものがあります。
しかも最近になって安定感が増し、尻上がりに成績も上げてきています。
保持力が並外れていて、つい先日も蟹虫を完登するなど調子は万全。
いかした風貌から男女ともに憧れるカッコいいクライマーです。
本人も課題に挙げるオンサイト形式への対応をどの程度見せてくれるかが注目されます。
個人的に大注目の選手です。
・白石裕也 選手


06

年間ランキング:6位
ホームジム:ウォールストリート


お次はウォールストリートの白石選手!
今期からBLoCに参戦し、第一戦のロッククラフトで流星のごとく決勝進出し3位に入賞しました。
鍛え抜かれたキレっきれの肉体からワイルドなムーブを繰り出します。
ボルダリングジャパンカップでも上位に位置付ける実力者。
BLoC初参戦の年にMaster of BLoCの栄冠まで取ることができるのか注目です!



・藤原佑樹 選手
05

年間ランキング:5位
ホームジム:ジェットセット


ここからいよいよ上位3名の紹介です。
まずはジャジャボーイ、藤原選手。
最近はリードの売れっ子セッターですが、コンペにもまだまだバリバリ参戦中です。
カテゴリーCの参加選手の中では唯一ボルダリングジャパンカップで準決勝に進出した経験を持つなど、実績はピカイチ。
チャラい見た目とは裏腹に非常に観察眼が鋭くクレバーな選手です。
またスタミナも桁外れで、エナジー戦の決勝最終課題では怒涛の連続トライで会場を沸かせました。
まさに他の選手と格の違いを見せるか、注目です!



・佐々木原 選手
03

年間ランキング:3位
ホームジム:千城台高校/ゲオ葛西店


出場者中2番手のランキングを持つのはげんげんこと佐々木原選手。
体操出身の選手であり、クライミング歴はなんと3年程度!
脅威的な身体能力と練習に対するストイックさでめきめきとクライミングの力を伸ばしました。
リードも強い選手のため持久力も相当のものがあります。
特にハリボテやスローパーなどに強みを持つ選手のためMaster of BLoCの課題は得意系になりそうな予感。
他の選手が苦戦する課題をあっさり一撃する姿が目に浮かびます。
期待がかかります!



・佐藤竜馬 選手


02

年間ランキング:2位
ホームジム:ベースキャンプ


そして最後はお祭り男、佐藤竜馬選手!
近年のBLoCレギュラー男子の盛り上がりはこの選手おかげと言って良いでしょう。
おちゃらけていますがあらゆるホールディングやムーブを万遍なくこなし、特にダイナミックなコーディネーション系の動きに強いです。
昨年のBLoCでは年間優勝したものの、Master of BLoCでは4位と表彰台を逃しました。
今年こそは表彰台の一番上を狙っていると思います!!
以上です。
こうしてみると14歳から39歳まで幅広い年齢層が集まっていて面白いですね。
ベテランが意地を見せるか、若者が時代をひっくり返すか、見ものです。
ではお楽しみに!

|

« Master of BLoC 2015 カテゴリーD選手紹介 (7/5 現在) | トップページ | Master of BLoC 2015 カテゴリーB選手紹介 (7/14 現在) »

○2014 : 告知・案内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1224404/60607729

この記事へのトラックバック一覧です: Master of BLoC 2015 カテゴリーC選手紹介 (7/5 現在):

« Master of BLoC 2015 カテゴリーD選手紹介 (7/5 現在) | トップページ | Master of BLoC 2015 カテゴリーB選手紹介 (7/14 現在) »