« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月 6日 (日)

BLoC7th Rd.2 UNDERGROUND戦フォトアルバム

「BLoC7th Rd.2 UNDERGROUND戦フォトアルバム」を公開しました。

BLoC7th Rd.2 UNDERGROUND

|

2015年12月 2日 (水)

BLoC7th UNDERGROUND戦最終リザルト

BLoC7th UNDERGROUND戦、選手の皆さんお疲れ様でした!最終リザルトなどなど一緒にレポートです。

Received_888641034545440

11/28(土)開催、BLoC7th UNDERGROUND戦・最終リザルトです。
今回は全4クラス予選セッション方式、決勝は各クラス完登数とボーナス数の多い上位6名ずつが決勝進出。
エントリーとミドルクラス決勝は3分間ブザービート無し、全3課題のベルトコンベア方式。
レギュラー男女の決勝はW杯方式で、4分間ブザービート有り、一人ずつのオンサイトトライで行いました。
また、レギュラー男女クラスは予選の最難課題と準最難課題にheavy.の賞品がぶらさがっており、完登した人のみがheavy.の特別賞品を登り取れるという新しい試みも取り入れました。

■エントリー32名 <シリーズ戦 対象外>

エントリークラスは予選から全完者が続出、9完10ボーナスで決勝進出という非常にレベルの高い激戦となりました。今期のBLoCは初戦の選手が多い中、比較的安定した登りの方が多く印象的でした。
Photo_8
エントリークラス上位3名は
1位 丸山 智由 (ロックランズ)
2位 藤澤 楓 (ウエストロック)
3位 飯田 航太 (BASECAMP)


となりました。今期のBLoC戦は初戦という方が非常に多い中、堂々たる登りで予選を全完した選手陣が上位3名に残りました。1位の丸山選手は惜しくも決勝2完で予選決勝完全制覇ならず・・しかし素晴らしい登りでした。
上位陣の皆さんは、是非ミドルクラスへステップアップしていただきたいと思います!

Vnxzm97rns7i32m5365mgfkn2sz2tmwsfpq

■ミドルクラス 45名<シリーズ戦 対象>
ミドルクラスは例年通り参加者数も非常に多く激戦。
5完登と6完登が決勝進出への分かれ目となりました。いつもどおりシビアです。
そして大激戦の中決勝に残り、またもやシビアなベルトコンベア方式3分間をこなしていただいた皆さん、大変お疲れ様でした。


Photo_7
ミドルクラス上位3名
1位 村上 優太郎 (インフィニティ)
2位 本村 祐太 (Fish&Bird)
3位 小嶋 隆則 (JETSET)

ミドルクラスは華麗に予選決勝を全完した村上優太郎選手が華々しく優勝!
前回ロッククラフト戦で1位を勝ち取った本村選手は2位でしたが、非常に安定した強さを見せつけました。ミドルクラス上位陣も、次回は是非レギュラークラスで戦っていただきたいですね。皆さん素晴らしいクライミングでした!


Lalvqyzrhh6xgrvgyqpbkwufbou7zydnpkf



■レギュラー女子 22名 <シリーズ戦対象>
レギュラー女子はベテラン勢と次世代の若い選手が激戦を繰り広げました。
とにかく10代が多く、BLoCの世代の移り変わりを感じさせるクラスとなりました。
レギュラー女子の上位に食い込んだ若い世代は今後、世界へもはばたくクライマーとなっていくことでしょう。


尚、予選の最難課題は決勝進出を果たした曽我綾乃選手、準最難課題は細野かおり選手が完登し、heavy.特別賞を手に入れました。
細野選手はheavy.のサポートクライマーの為、表彰式で細野選手にじゃんけんで勝った最年少のエントリークラスの女の子にheavy.は手渡されました。


Photo_6
レギュラー女子上位3名
1位 菊地 咲希 (PUMP2)
2位 望月 香菜子 (Flash)
3位 松藤 藍夢 (ピナクル横浜)
3位 中村 真緒 (秋葉原PUMP)


上位3名は若手クライマーが独占。
2位の望月香菜子選手は2014年のMaster of BLoCにも出場した大変実力のある選手ですが、前回ロッククラフト戦で6位だった菊地咲希選手が1位に躍り出ました。今後の活躍が非常に楽しみです。
また、3位の松藤選手、中村選手も今期のBLoCでは初登場、続く5位の曽我、松島両選手もBLoC決勝常連組、今後のBLoCも混戦を極める事となりそうで非常に楽しみです。

Qxdhtexcmk4ifrwpwhwwtfkjthmusjbze5x



■レギュラー男子 35名 <シリーズ戦 対象>
レギュラー男子は前回川越戦で決勝に残った選手が入れ替わり、こちらも混戦。
予選ではheavy.最難を狙いに行く選手もおり、大変盛り上がりました。
尚、heavy.最難課題は決勝にも進出した佐々木原選手が初登。魅せてくれました。準最難は完登者が出ず、1位の大高選手に贈呈されました。


Photo_9
上位3名
1位 大高 伽弥 (Caramba、BaseCamp、maboo)
2位 白數 裕大 (Base Camp)
3位 坂本裕樹 (Boulders)
レギュラー男子上位3名は、安定の決勝全完、大高選手を除いて白敷、坂本の両選手が突如登場、大変な強さを見せつけました。耀いていましたね・・!
やはりレギュラー男子は予選から決勝まで見ごたえたっぷり。
今後のトータルランキングがどうなっていくか、見守っていきたいです。
Djy_hdg3tqeigh9yt1nynrnj3psbi2voen0
そしてここからはレギュラー男女クラス、各クラスの最難、準最難heavy.課題を完登した瞬間の画像などなど。

1fywb5v5iuldyjyib7tvxhaje90byihtcn7レギュラー女子、準最難を完登、細野かおり選手。
この後、表彰式でじゃんけんの後エントリークラスの最年少MISHKAに手渡されました。

8sphdseoubdyvrjvvushaazhofrwvb1er1h
↓こちらは女子最難をいち早く完登した曽我綾乃選手

Luxxell4bxywosxefjw0hvhcnv88m1xnhew
↓そして男子最難を完登、佐々木原選手。ゴールが悪い中、よくぞ取ってくれました!
Xbf70h_fpjh9sylutziqwg2hpxoi_359eao集合写真、決勝まで観戦して盛り上げて頂いた皆さん、最後までありがとうございました!
Rysx0agkvz93ds2nzyvdcefhmckx6txuxbn
参加選手の皆さん、お手伝いいただいたサポートスタッフの皆さん、一日本当にお疲れ様でした。今期のBLoCも残り3戦、引き続き頑張ってください!
■ご協賛(敬称略)
株式会社キャラバン
株式会社ロストアロー
heavy.
Heart Beat
東京粉末
MAMMUT
Sunday Climbing Industry


ご協賛を頂いたメーカー各社様、誠にありがとうございました。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »