« BLoC 7th Rd.4 エナジー浦和戦フォトアルバム | トップページ | BLoC 7th Fish戦 協賛企業様のご紹介 »

2016年3月 5日 (土)

BLoC 7th Rd.4 エナジークライミングジム浦和店 レポート

遅くなりましたが、エナジークライミングジム浦和戦のレポートになります!


Img_2547
Img_2548
Img_6266s


■キッズ 14名 <シリーズ戦対象外>

1位 伊東そら( B-PUMP 横浜 )
2位 齊藤天 ( NOBOROCK )
3位 田中有紗 ( PUMP1 )

当初はセッションラウンドのみでの順位付けの予定でしたが、全完が3名いたため急遽エントリークラスの決勝第三課題を用いてスーパーファイナルを行いました。
1課題のみので勝負は伊藤そら選手が見事に1撃完登で1位に、2位には5手まで進んだ齊藤天選手が、3位は3手目まで進んだ田中有紗選手となりました。
エントリークラスの決勝第三課題はエントリークラスの決勝で1撃2名、2撃1名、3名は登れずの課題でしたので、3名ともよく頑張ってくれたと思います。


エントリー 43名 <シリーズ戦対象外>

1位 牧田空( ロッククラフト川越 )
2位 佐藤純( ロッククラフト川越 )
3位 石井穂( B-PUMP 荻窪 )
4位 林涼介( B-PUMP 荻窪 )
5位 馬迫徹( ペキペキ幕張 )
6位 田宮直人( ウエストロック )

エントリーは決勝へのボーダーラインが予選10課題のうち9完登以上という厳しい戦いでした。
その中でも見事1位に輝いた牧田空選手が予選・決勝合わせた全ての課題を完登し、素晴らしい活躍をしてくれました。
また、2位の佐藤純選手、5位の馬迫徹選手も予選課題を全完登していますが、決勝での登りが運命を左右したようです。
そして3位の石井穂選手はエントリークラス決勝に残った唯一の女性選手で、小学生ながら大人顔向けの力強い登りを見せてくれました。


ミドル男子 59名 <シリーズ戦対象>

1位 小林洋輝( グリーンアロー八千代 )
2位 平岡寛仁( エナジー浦和 )
3位 阿部太志( ロッククラフト川越 )
4位 黒須泰治( ロッククラフト川越 )
5位 深田英之( フラッシュ )
6位 森川真吾( エナジー浦和 )
7位 上岡駿太( ZERO 伊勢崎 )

ミドル男子は小林洋輝選手がただ1人予選課題を8完登し圧倒的な実力を見せてくれました。
続く2位以降の選手は6完登が33名と実力が拮抗しており、ボーナスが明暗を分けました。
中でも全ての課題でボーナスを獲得している森川真吾選手が見事に2位通過をしています。
予選で6位タイが8名となってしまった為、急遽プレーオフを行い平岡寛仁選手、阿部太志選手の2名が決勝への出場権を得ました。
決勝では予選1位通過の小林洋輝選手が安定の登りで優勝、2位に平岡寛仁選手、3位に阿部太志選手と
プレーオフを勝ち抜いた2人がそのままの勢いで表彰台に上がりました。


レギュラー女子 17名 <シリーズ戦対象>

1位 曽我綾乃( PUMP1 )
2位 菅原亜弥( Pocket )
3位 栗田湖有( - )
4位 川端彰子( アンダーグラウンド )
5位 番場香月( ミストラル )
6位 木暮花( B-PUMP 秋葉原 )
7位 岩本岬( - )
8位 谷汐唯( ロックビーンズ )
8位 野部七海( vert )

レギュラー女子は川端彰子選手がレギュラー女子で唯一の8完登で予選を通過し、
続く7完登の栗田湖有選手、番場香月選手、木暮花選手、岩本岬選手、
そして6完登9ボーナスの曽我綾乃選手、菅原亜弥選手、谷汐唯選手、野部七海選手の計9名での決勝となりました。
曽我綾乃選手は予選では6位タイというギリギリの通過でしたが、決勝では見事な大躍進で勢いそのままに優勝を勝ち取りました。
2位の菅原亜弥選手も予選6位タイ通過でしたが、みごとに2完登をきめて2位に、そして3位には決勝第二課題のランジをとめて3ボーナスの栗田湖有選手が入りました。


レギュラー男子 37名 <シリーズ戦対象>

1位 アナキン・スカイウォーカー( ジェダイ聖堂 )
2位 大高伽弥( - )
3位 若尾龍隆( - )
4位 本間大晴( - )
5位 中島大智( 岩手県営運動公園 )
6位 土肥圭太( 攀・SLOTH )

レギュラー男子はアナキン・スカイウォーカー選手、本間大晴選手が予選を全完登で通過。
9完登した土肥圭太選手、8完登した大高伽弥選手、若尾龍隆選手、中島大智選手の6名での決勝となりました。
オブザベツアーではパフォーマンス中に事故を起すも、その登りに乱れは無く予選に引き続き決勝課題も全完登で、
アナキン・スカイウォーカー選手が見事に優勝を決めました。
2位には決勝1課題目を1撃した大高伽弥選手若尾龍隆選手の両選手が、2課題目は共にボーナスまでたどり着けず
勝負を3課題目に持ち越し、ボーナスへのアテンプト差という僅差で大高伽弥選手が2位、若尾龍隆選手が3位となりました。


参加者の皆様、協賛スポンサーの皆様ありがとうございました!
今期のBLoCも次のフィッシュ&バード戦を残すのみ!
申込は2016年3月6日(日)、店頭申込は10:00、ウェブ申込は18:00からです!


■ご協賛(敬称略)
株式会社サンダンスアウトドアーズ
株式会社キャラバン
株式会社ロストアロー
Logo

|

« BLoC 7th Rd.4 エナジー浦和戦フォトアルバム | トップページ | BLoC 7th Fish戦 協賛企業様のご紹介 »

○7th: リザルト・レポート」カテゴリの記事