« 2016年2月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年3月

2016年3月26日 (土)

BLoC 7th Rd.5 Fish&Bird 参加申込状況 4/1 21時時点

BLoC 7th Fish戦の4/1の21時時点での申込状況です。
ミドル男子とエントリーの予選時間を10分ずつ延長するので、それに伴い定員を
ミドル男子70人、エントリー50人に増やしています!
ご確認ください。
160401_21_
160401_21__2
160401_21__3
160401_21__4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月25日 (金)

BLoC 7th Fish戦 セッター紹介

さて、BLoC 7th 最終戦のFish&Bird戦まであと1週間あまりとなりました。

みなさん、調子を合わせてきている頃かと思います。
そしてこのFish戦、いつものフィッシュ&ライノのスタッフに加えてゲストセッターを2名招待していますので、セッター紹介をさせていただきます。
1人目は稲垣 智洋(いながき ともひろ)さんです!
Photo
稲垣さんは岡山在住で中国・関西地方を中心に、セット・スクール・開拓等を幅広く手掛けるクライマーです。
最近ですと、一昨年に公開された岡山の「矢掛ボルダー」の開拓などを精力的におこなっていたことで有名です。
稲垣さんのモットーは「自分と岩との間にできるだけ道具をなくすことでクライミングの持つ無限の可能性、楽しさを感じる」というものであり、時にはフリーソロなどのスタイルで岩を登ることもあります。
噂によると、フリーソロのスタイルで地上から百メートル以上の場所でランジをすることもあるとかないとか、、、。
また稲垣さんはFiveTenのシューズ「モカシム」をこよなく愛するクライマーであり、ジム用、アップ用、エッジ用、スメア用etc...など多数のモカシムを使い分けているそうです。
そんな稲垣さんが得意とするのは特にスラブ等の緩い傾斜でのセットです。
時には稲垣さん以外のその場にいるセッターの誰も登れないほどの個性的な課題を作り出すそうです。
まさに独特の局面スラブを持つFishと相性抜群。
どのような課題が生まれるのか、非常に楽しみです!

2人目は、つっかーこと水口 僚(みずぐち つかさ)さんです!
Photo_2


もはや、全国レベルで有名なセッターになっているので、説明不要かもしれません。
B-Rocky等のハイレベルな関東の草コンペでのセットに加え、今年のボルダリングジャパンカップでもアシスタントセッターとしてメンバー入りし、その非常に高いセット能力が話題になりました。
フィッシュ&ライノでも、Master of BLoCやMonthlyでセットをしてくれました。
抜群の保持力、柔軟性、豊富なセット経験からの引き出しの多さで、BLoCをこれまでにないレベルに引き上げてくれるでしょう。
特にレギュラー女子の課題はつっかーワールド全開になるのでは!?

そして、ここでビッグニュースを投下!
なんとつっかーは4月からフィッシュ&ライノのスタッフになってくれます!!
一段とフィッシュ&ライノが華やかになると同時に、課題セットの面でも進化したジムになるでしょう。
関東のつっかーファン、フィッシュ&ライノに集まれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BLoC 7th Fish戦 タイムスケジュール

いよいよあと約2週間前に迫りましたBLoC Fish戦!
選手のみなさま大変お待たせいました、当日のタイムスケ

ジュールを発表いたします。ご確認ください!

予選は10エリア10課題で競技します、1エリアに1課

題だけですので、のびのびとしたトライができるはず!


Bloc_fish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月24日 (木)

BLoC 7th Fish戦 協賛企業様のご紹介

今回のBLoC 7th Rd.5 Fish & Bird戦は以下のメーカー様にご協賛頂いております。

・ルートセッター小澤信太氏が作る、ハイクオリティ国産ホールドメーカー、SNT Structure様。
・加島智子選手や石松大晟選手でお馴染み、国産クライミングウェアブランドのTHOUFUN様。http://thoufun.com/
・野口啓代選手のお父様が設立した、世界各地から良質なホールドを輸入し販売している、THE FARM様。http://thefarmclimbinghold.com/
・ブラックダイヤモンド、スカルパ、E-GRIPなどクライマーにお馴染のブランドを取り扱う、株式会社ロストアロー様。http://www.lostarrow.co.jp/
豪華な賞品に加え、コンペで使用するホールドも協賛していただいておりますのでお楽しみに!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 5日 (土)

BLoC 7th Rd.4 エナジークライミングジム浦和店 レポート

遅くなりましたが、エナジークライミングジム浦和戦のレポートになります!


Img_2547
Img_2548
Img_6266s


■キッズ 14名 <シリーズ戦対象外>

1位 伊東そら( B-PUMP 横浜 )
2位 齊藤天 ( NOBOROCK )
3位 田中有紗 ( PUMP1 )

当初はセッションラウンドのみでの順位付けの予定でしたが、全完が3名いたため急遽エントリークラスの決勝第三課題を用いてスーパーファイナルを行いました。
1課題のみので勝負は伊藤そら選手が見事に1撃完登で1位に、2位には5手まで進んだ齊藤天選手が、3位は3手目まで進んだ田中有紗選手となりました。
エントリークラスの決勝第三課題はエントリークラスの決勝で1撃2名、2撃1名、3名は登れずの課題でしたので、3名ともよく頑張ってくれたと思います。


エントリー 43名 <シリーズ戦対象外>

1位 牧田空( ロッククラフト川越 )
2位 佐藤純( ロッククラフト川越 )
3位 石井穂( B-PUMP 荻窪 )
4位 林涼介( B-PUMP 荻窪 )
5位 馬迫徹( ペキペキ幕張 )
6位 田宮直人( ウエストロック )

エントリーは決勝へのボーダーラインが予選10課題のうち9完登以上という厳しい戦いでした。
その中でも見事1位に輝いた牧田空選手が予選・決勝合わせた全ての課題を完登し、素晴らしい活躍をしてくれました。
また、2位の佐藤純選手、5位の馬迫徹選手も予選課題を全完登していますが、決勝での登りが運命を左右したようです。
そして3位の石井穂選手はエントリークラス決勝に残った唯一の女性選手で、小学生ながら大人顔向けの力強い登りを見せてくれました。


ミドル男子 59名 <シリーズ戦対象>

1位 小林洋輝( グリーンアロー八千代 )
2位 平岡寛仁( エナジー浦和 )
3位 阿部太志( ロッククラフト川越 )
4位 黒須泰治( ロッククラフト川越 )
5位 深田英之( フラッシュ )
6位 森川真吾( エナジー浦和 )
7位 上岡駿太( ZERO 伊勢崎 )

ミドル男子は小林洋輝選手がただ1人予選課題を8完登し圧倒的な実力を見せてくれました。
続く2位以降の選手は6完登が33名と実力が拮抗しており、ボーナスが明暗を分けました。
中でも全ての課題でボーナスを獲得している森川真吾選手が見事に2位通過をしています。
予選で6位タイが8名となってしまった為、急遽プレーオフを行い平岡寛仁選手、阿部太志選手の2名が決勝への出場権を得ました。
決勝では予選1位通過の小林洋輝選手が安定の登りで優勝、2位に平岡寛仁選手、3位に阿部太志選手と
プレーオフを勝ち抜いた2人がそのままの勢いで表彰台に上がりました。


レギュラー女子 17名 <シリーズ戦対象>

1位 曽我綾乃( PUMP1 )
2位 菅原亜弥( Pocket )
3位 栗田湖有( - )
4位 川端彰子( アンダーグラウンド )
5位 番場香月( ミストラル )
6位 木暮花( B-PUMP 秋葉原 )
7位 岩本岬( - )
8位 谷汐唯( ロックビーンズ )
8位 野部七海( vert )

レギュラー女子は川端彰子選手がレギュラー女子で唯一の8完登で予選を通過し、
続く7完登の栗田湖有選手、番場香月選手、木暮花選手、岩本岬選手、
そして6完登9ボーナスの曽我綾乃選手、菅原亜弥選手、谷汐唯選手、野部七海選手の計9名での決勝となりました。
曽我綾乃選手は予選では6位タイというギリギリの通過でしたが、決勝では見事な大躍進で勢いそのままに優勝を勝ち取りました。
2位の菅原亜弥選手も予選6位タイ通過でしたが、みごとに2完登をきめて2位に、そして3位には決勝第二課題のランジをとめて3ボーナスの栗田湖有選手が入りました。


レギュラー男子 37名 <シリーズ戦対象>

1位 アナキン・スカイウォーカー( ジェダイ聖堂 )
2位 大高伽弥( - )
3位 若尾龍隆( - )
4位 本間大晴( - )
5位 中島大智( 岩手県営運動公園 )
6位 土肥圭太( 攀・SLOTH )

レギュラー男子はアナキン・スカイウォーカー選手、本間大晴選手が予選を全完登で通過。
9完登した土肥圭太選手、8完登した大高伽弥選手、若尾龍隆選手、中島大智選手の6名での決勝となりました。
オブザベツアーではパフォーマンス中に事故を起すも、その登りに乱れは無く予選に引き続き決勝課題も全完登で、
アナキン・スカイウォーカー選手が見事に優勝を決めました。
2位には決勝1課題目を1撃した大高伽弥選手若尾龍隆選手の両選手が、2課題目は共にボーナスまでたどり着けず
勝負を3課題目に持ち越し、ボーナスへのアテンプト差という僅差で大高伽弥選手が2位、若尾龍隆選手が3位となりました。


参加者の皆様、協賛スポンサーの皆様ありがとうございました!
今期のBLoCも次のフィッシュ&バード戦を残すのみ!
申込は2016年3月6日(日)、店頭申込は10:00、ウェブ申込は18:00からです!


■ご協賛(敬称略)
株式会社サンダンスアウトドアーズ
株式会社キャラバン
株式会社ロストアロー
Logo

|

2016年3月 3日 (木)

BLoC 7th Rd.4 エナジー浦和戦フォトアルバム

BLoC 7th Rd.4 エナジー浦和戦のフォトアルバムをアップしました。
撮影:窪田美和子

BLoC7th Rd.4 エナジー浦和

|

« 2016年2月 | トップページ | 2016年6月 »